全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 首都圏で叶える神社結婚式

【東京】結婚式のできる神社にお参り
〜編集部員がレポート 東京23区篇その1〜

2016/03/31

日枝神社

江戸を守る「山王さん」長く愛され続ける都心の古社

国会議事堂やオフィスビルが立ち並ぶ、日本の政治経済の中心地・永田町。その一角に広がる、緑豊かな高台に佇む日枝神社は、江戸の郷の守り神として祀られた「山王宮」に始まる。江戸城総鎮守として歴代将軍からも崇敬され、「山王さん」として親しまれてきた。主祭神・大山咋神のお使いである猿は、厄除け・夫婦円満、子宝や安産のシンボルとされ、夫婦の猿神像をなでていく参拝者もいるそうだ。京都の祇園祭、大阪の天満祭とともに日本三大祭りに数えられる東京の山王祭は、江戸情緒を今に伝える賑やかな祭り。毎年6月に開催され、丸の内や銀座など首都の中心地で格調高い神輿行列を一年おきに見ることが出来る。「中秋管絃祭」では夜のライトアップされた境内で雅楽が奉納される他、毎月多くの祭祀が行われている。各方面からの地下鉄のアクセスもよく、神社に向かう階段の脇には昇りエスカレーターも備えられ、年配の方も無理なく参拝できるようになっている。都心に広がる緑の杜は、都民のオアシス的な存在と言えるだろう。 (編集部員W)

写真右/本殿の123枚の天井絵は必見。鎌倉から江戸の時代にかけて武蔵野の自然を彩った百花草木や鳥・虫が一つひとつ丁寧に描かれている。 写真左/可愛らしい「まさる守り」は「魔去る」に掛けて「勝る」を祈願。

日枝神社
Access
銀座線溜池山王駅徒歩3分 

赤坂氷川神社

指定文化財の天然記念物 氷川神社のイチョウ。推定樹齢400年という御大ながら豊かな緑の葉で訪れる人々に癒しの時を与えてくれる。

都心の緑深き丘に佇む神社

赤坂駅、六本木駅から徒歩8分の場所にあるとは思えない、自然あふれる丘の上に佇む赤坂氷川神社。街の喧騒から坂道を上がり曲がりくねった道を登っていくと、ふいに木々が生い茂る緑あふれる神社が現れる。自然の静寂に赤包まれた空間はまるで異次元の世界に入り込んだような不思議な雰囲気。境内に入り、まっすぐのびる参道を進むたびに不思議と気分が落ち着いてくる。慌ただしい日常を過ごす人々にいっときの癒しを与えてくれる大切な場所だ。(編集部員W)

境内には公園がある。子ども達の笑い声が響く神社もいい。

赤坂氷川神社
Access
東京メトロ赤坂駅より徒歩8分、東京メトロ六本木駅より徒歩8分

湯島天満宮(湯島天神)

総檜造りの雅な本殿で神前式が叶う 

湯島駅を出るとすぐに湯島天満宮までの道のりを描いた看板に出合う。右は男坂、左は女坂。私は女だからを言い訳に左へ進む。きっと男坂は険しいに違いない。なだらかな女坂を登り境内に入ると雅な総檜造りの朱塗りの本殿が迎えてくれる。精巧な彫刻が施された社殿は芸術品を見ているようで眺めているだけで豊かな気持ちになってくる。天神様といえば牛。たくさんの人に撫でられてぴかぴか。私も頭をなでなで。少しでも頭の回転が速くなりますように。 (編集部員W)

写真右/境内にある日本庭園を眺めながらお茶を飲みほっと一息。 写真左/真夏の日差しに照らされたお牛様はあっつあつ!「アチチッ」といいながらみんな思い思いの場所を撫でる。

写真右/女坂から男坂へ向かう眺め。なんだか江戸時代にタイムスリップしたような風情ある小路。 写真左/昔の人は女性に優しかったのねえ…女坂はゆるやかーな階段。男坂の試練はぜひ自分で確かめて。

 湯島天満宮(湯島天神)
Access
東京メトロ湯島駅3番出口より徒歩2分

浅草神社

350年の歴史を誇る社殿で叶える神前式

浅草駅を出てすぐに出迎えてくれる雷門をくぐり、国内外からの観光客で賑わう仲見世通り商店街で見たり食べたりを楽しみながら歩いていくと、都内最古の寺院、浅草寺に辿り着く。そして、浅草寺の本堂右側に佇むのが浅草神社。浅草寺の力強いパワーとは別の、落ち着きのある雰囲気を醸す。三社祭で有名な神社だが、ここに来たら「良縁」「恋愛成就」「夫婦和合」のご利益がある「夫婦狛犬」にも参拝を。お参りするカップルたちに紛れ、私も願いをこめてご挨拶。(編集部員M)

写真右/浅草寺、仲見世通り商店街、スカイツリーなど、周囲には人気の観光地がたくさん。 写真中央/寄り添い、相合傘を差す姿がなんとも愛らしい二体の狛犬。現在は残っていないが、もともとは頭にはめこみ式の角が付いていたのだとか。 写真左/明治維新の神仏分離令で浅草寺と袂を分かち、明治元年に三社明神社、明治6年に浅草神社と改められた。

浅草神社
Access
東京メトロ浅草駅から徒歩7分、都営地下鉄浅草駅から徒歩7分、
東武線浅草駅から徒歩7分、つくばエクスプレス浅草駅より徒歩10分

阿佐ヶ谷神明宮 

3000坪の杜に佇む伊勢神宮勧請の神社 

阿佐ヶ谷駅から徒歩2分。四季折々の表情豊かなケヤキ並木が続く中杉通りを北に少し進むと右手に鳥居が見えてくる。境内に一歩足を踏み入れると、賑やかな街の喧騒が嘘のように静かで、清々しい空間が広がる。散歩の途中や出勤前に参拝する人、自然を観察している親子など、地域の人々に深く慕われる神社でもある。境内をひと通り散策した後も、この場所を離れたくない気持ちに駆られ、しばしベンチに佇む。なんともいえない癒しを感じる、何度でも訪れたいと思わせてくれる場所だ 。(編集部員M)

写真右/阿佐ヶ谷神明宮オリジナルのブレスレット型お守り「神むすび」は、全国からの問い合わせも多い人気のお守り。写真左/春は桜、秋は紅葉。忙しない東京の日常で、季節の移り変わりを感じることのできる貴重な癒しの空間だ。

阿佐ヶ谷神明宮
Access
JR阿佐ヶ谷駅北口より徒歩2分