全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 旅行も兼ねて旅する和婚

出雲で叶える 神話婚

2018/03/26

日本の神話に出てくる、歴史ある神社で挙式

 縁結びの神様として名高く、全国から参拝者を集める「出雲大社」。古事記の時代には既に創建されていたという悠久の歴史を誇る。そもそも山陰地方は、古事記に記された神話の舞台の実に三分の一を占めるという「神話の国」で、出雲大社以外にも魅力のある神社が多い。美しい夫婦が主祭神になっている「八重垣神社」や、全国3000社以上あるえびす様の総本宮「美保神社」などで本格的な神前挙式を行うことができる。
「出雲での挙式に関心があるけれど遠方に住んでいて…」という方におすすめなのが、このエリアの神社挙式を専門にプロデュースしている「神話婚」。全国各地で説明会を開催していて挙式の打ち合わせは電話やメールでも可能、事前に現地まで足を運ぶ必要がない。さらに衣裳は全国の有名店と提携し、選んだ最寄りのサロンで試着をしてじっくりと選ぶことができる。また、挙式は神話婚のプランナーが現地でしっかりアテンドするので、当日も安心。その後の会食・披露宴も手配してくれる。

出雲大社_r

izumotaisha

古くから縁結びの神様として全国的にも知られる出雲大社。高さ24mの本殿は、かつて倍となる48m近い巨大建造物だったといわれている。結婚式は「神楽殿」と「おくにがえり会館」2つの式場で行われる。

IMG_0871八重垣大神さま_r

出雲の澄んだ空気の中で執り行われる、伝統の神前挙式。日本の始まりを描いた神話の舞台となった地で、ふたりの新たな物語がつづられていく。写真は八重垣神社(島根県松江市)での挙式イメージ。

064-65参考NK紙面-001 (1)_r

出雲エリアと鳥取エリアにある12社以上の神社での結婚式を行うことができる「神話婚」。いずれも歴史と由緒ある神社から、ふたりにぴったりの神社を選んで結婚式を挙げられる。

神話婚に資料請求

出雲大社至近に新しい湯宿がオープン ご縁の地を満喫

 挙式の後も楽しみは続く。出雲大社から少し足を延ばせば、美人の湯で有名な玉造温泉をはじめ、さまざまな湯宿が多数ある。しかし、やはり縁結びの出雲大社のそばで滞在したいという強い声に応えて、近隣に「佳雲」「月夜のうさぎ」の2つの湯宿が2017 年に新しく誕生した。
 その最たる魅力は、宿から出雲大社へ徒歩10分ほど。気軽に早朝の参拝が可能で、澄んだ空気と静寂に包まれた神社参拝は、さらなるご利益がいただけそう。また、夕日も美しく、日本遺産にもなっている稲佐の浜や日御碕灯台も近い。一面が茜色に染まる風景は、日本創世の頃からきっと変わることのない景色。心に焼き付けたい美しさは、ふたりはもちろん家族も一生の思い出の地とするのにぴったりだ。
 旅慣れた人ならレンタカーで回るという手段もあるが、神話婚では宿泊先から挙式を行う神社、さらに駅や空港への送迎プランも用意。宿泊や観光についても気軽に相談できる。

住雲外観_r佳雲大浴場内サシエ3_r

D6F_9556_r

いにしえの宿 佳雲 

出雲大社から至近、出雲の神話や伝統を随所に感じられる「いにしえの宿 佳雲」。5つの貸切風呂が用意されており、ゆっくりと旅の疲れを癒せる。結婚式当日の支度はこちらで、両親や親族などの宿泊や食事、会食も可能。http://www.hotespa.net/hotels/izumo/keiun/

DSC01450_r

出雲大社の西方に位置し、国譲り、国引きの神話で知られる稲佐の浜。旧暦10月の神在月には、全国の八百万の神々をお迎えする場所になるともいわれている。

 

首都圏や関西で挙式説明会&花嫁体験イベント

神話婚では全国の各地でイベントを定期的に開催。出雲エリアでの挙式に関する相談や神社の最新情報、当日の流れなど、専門のプランナーに相談できる。いずれも有名衣裳店内での開催となり、衣裳の試着やおかつら体験なども可能。行ったことのない出雲での結婚式も、当日のイメージがずっと膨らむはずだ。

 

問い合わせ:神話婚

 

初出:日本の結婚式No26