全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 花嫁の和装&ヘアメイク

世界にひとつだけの本手描友禅×和ドレス

2015/12/11

上質なドレス素材と西陣織や友禅のきもの生地を用い斬新でスタイリッシュな和ドレスを制作するAtsu Nishikawaが本手描友禅作家として多くの著名人の婚礼衣裳を創りつづけてきた秋山章氏とコラボレーション、世界にひとつだけの和ドレスを制作中。本手描友禅の新柄を取り入れた新作和ドレスは来春の発表予定。

Atsu Nishikawaの和ドレスとは

アツニシカワ

風格ある美しいきもの柄を活かし、斬新で刺激的な和ドレスでスタイリッシュな花嫁から注目を集めるAtsu Nishikawa。今までも秋山章氏が手がけた本手描友禅のうちかけを用いた和ドレスを発表してきたが、この度、Atsu Nishikawa の和ドレスのためだけに秋山章氏がデザインし描き上げる反物を用い新しい和ドレスを創る。日本の職人の素晴らしい伝統技をもっと世界に発信したいという思いから、ドレスデザイナーとして和の文化を纏ったドレスを創りはじめたAtsu Nishikawa

尊敬する秋山章氏にオリジナルの反物を創って欲しいとアプローチを始めたのは今から約1年前。そして熱い想いが伝わり承諾してもらったのはほんの数か月前。妥協なき和ドレスを創るべく試行錯誤を繰り返すなかで、ふたりにしかできない和ドレスが見えてきたという。現在は本手描友禅の特徴でもある美しく華やかな金彩工芸や本貝螺鈿といった技術を用いたまったく新しいAtsu Nishikawaが思い描く和ドレスを創るべく秋山章氏のアトリエを訪ね打ち合わせを重ねている。お披露目は2016年春予定。今までにない新しい和ドレスが出来上がるのは間違いない。

 

自身が思い描くドレスにぴったりくるデザインのきものは秋山章氏が創り上げる本手描友禅しかない!と感じたというAtsu Nishikawa。秋山章氏の工房で今までの作品を見ながら打ち合わせを重ねる。婚礼衣裳にこだわりうちかけや白無垢を創り続けてきた秋山章氏から学ぶことは多いという。

 2015-12-07_131656

洋のドレスに和のスパイスを刺激的にプラスするAtsu Nishikawaの和ドレスの世界

東京で高級婦人服のデザイン・製作の経験後オートクチュールを学びイタリアでの生地工場、ドレス制作に関する研修を経て、1 9 9 9 年に名古屋にオーダードレスのショップ「Atsu Nishikawa」をオープンさせた西川温。2009年にはウエディングドレス業界のサイズ直しに革命を起こした完全フリーサイズ『アツ パーフェクトフィット』の特許を取得し、2012年同サイズフリー特許をアメリカでも取得。2013年恵比寿に『Atsu Nishikawa』をオープン。花嫁にとって最高の一枚を一緒に見つけ創り上げていきたい。形がないものをともに創造することを自身の役目として、花嫁に寄り添い和ドレスを創りつづけている。

恵比寿サロン
東京都渋谷区広尾5-1-43広尾ZERO 502
03-6409-6996
http://www.atsu-nishikawa.net/
Access/東京メトロ広尾駅 徒歩7分、JR・地下鉄恵比寿駅 徒歩10分、明治通り、広尾一丁目交差点角
予約受付時間/11:00〜20:00※完全予約制
定休日/不定休