全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 実例レポート

 日本文化が薫る結婚式を川越で
海外から参加したゲストも大感動

2017/01/26

国際結婚のふたりが叶えた アットホームなひととき

2017-01-24_163907

挙式の始まりは、巫女と雅楽の 生演奏に先導されて境内を歩む参進から。 白無垢に身を包んだ裕子さんは、お母さん に手を引かれて。見守る友人や参拝者から 「おめでとう」「きれい!」といった声がかかっ た。

カナダで出会い、現在はニュージーランド在住のふたり。アメリカに住むアルンさんの両親に神前式を望んでいることを伝えたところ、日本文化に興味を持っていたため即座に賛成してくれたそう。会場は裕子さんが以前、川越氷川神社の良縁祈願祭に参加し、その後結婚が決まったことや、高校が川越だったこと、アルンさんが日本に来たときに川越でデートしたことなどから川越氷川神社に。当日は境内を社殿へと進む参進から挙式がスタート。「たくさんの友人や参拝の方々からお祝いとお褒めの言葉をいただいたことが印象に残っています」と裕子さん。披露宴ではゲストが楽しい時間を過ごせるように、アットホームな雰囲気にこだわった。アメリカをはじめカナダ、シンガポール、オーストラリアなど世界各地より駆け付けてくれた友人からは「素晴らしい経験だった」との感想が。「大切な人たちに囲まれて人生の節目の日を迎えられ、幸せでした」とふたりは笑顔で振り返る。

2017-01-24_164230_1

凛とした空気に包まれた社殿内で執り 行われた神前式では、ふたりともちょっと緊張した面持ち。「すべてが初めてのことで心配でしたが、滞りなく進んでホッとしました」とアルンさん。

2017-01-24_164406

お色直しの際のエスコートは裕子さんの妹さん。「私の結婚をとても喜んでくれたのと、ゲストに妹の振袖姿を見てほしかったのでお願いしました」ゲストにお酒を飲む人があまりいなかったので、鏡開きではなく、鯛の塩釜焼をふたりで開く演出を取り入れた。「一発でうまく開けたのでよかったです(笑)」とアルンさん。 

和装はスタンダードに伝統的な ものを選んだという裕子さん。せっ かくなので洋装も着たいという強い 希望もあり、「クラシカルなデザイン を選びました」というウエディングドレ ス姿も披露。「桜」をテーマにした披 露宴は「ふたりが一生懸命準備し たのが伝わってきた」「料理もサービ スも最高」「アットホームで温かかっ た」と大好評だった。

和婚にしてよかった! 

2017-01-24_164431

結婚式という大切な儀式だから 歴史と由緒ある神社で

海外から来てくれるゲストも多いため、日本の伝統的な結婚式を見せたかったという裕子さん。神社の神聖な雰囲気の 中で結婚の誓いを交わし、「結婚したという実感がわくとともに、家族や親戚に晴れ姿を見てもらえて胸がいっぱいになりました」。外国人のゲストからも「とても感動した」と喜ばれた。

 カップルデータ

 新郎:ラムモハン・アルンさん
 新婦:裕子さん
 挙式日:2016年3月12日
 挙式:川越氷川神社
 披露宴会場:氷川会館

取材協力:川越氷川神社氷川会館  初出/日本の結婚式No23