全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 結婚準備のお役立ち知識

【大人ウエディング講座】
3カ月あればできる!お急ぎ婚の準備スケジュール

2017/09/30

「仕事が忙しい」「妊娠している」「海外転勤が決まった」などなど……さまざまな事情から短期集中を望んでいる人のために、3カ月でできる結婚準備スケジュールを紹介。流れを頭に入れておき、効率よく進めたいもの。ウェディングプランナーの岡村奈奈さんに「お急ぎ婚」のポイントを教わった。

お急ぎ婚のポイント
1.最優先は挙式の日取り&会場の決定
2.時間がかかりそうなことを事前に把握する
3.お願いできることはなるべくプロに任せる

 

  

3カ月前

●親に結婚を報告(おめでたの場合は妊娠していることも報告)
●結婚式の日取り、招待客、予算、イメージを決定
●結婚式の会場見学に出かける(おめでたの場合は体調を見ながら)
●結婚式の会場を決定
婚約指輪を購入
両家顔合わせを行う


2カ月前

●プランナーと具体的な打合せを始める
●招待客のリストを作成
衣裳や小物を決める
結婚指輪を購入
●スピーチ、余興、受付をお願いする人に依頼
招待状を発送
●装花、ブーケ、引出物、演出、写真、BGMなどを決定


1カ月前

●料理、飲み物、ウエディングケーキの内容を決定
●ブライダルエステを受ける(おめでたの場合はマタニティ用エステ)
●招待状の返信を確認し、招待人数の最終決定
●引出物、引菓子を手配
●テーブルプランや配席を決定
●席札や席次表などのペーパーアイテムを作成
●披露宴のプログラムや演出を決定
司会者と打合せ
ヘアメイクリハーサル


1週間前

●席次表の最終確認
●挙式・披露宴費用の支払い用意
●ネイルケアやシェービングを行う(おめでたの場合は要相談)
●当日渡す心付けやお車代を用意


前日

●持込み品などの搬入確認


当日

挙式・披露宴

アイテムは手作り?それとも購入?

 上の項目を見ればわかるとおり、およそ3カ月あれば結婚式の準備を間に合わせることができる。「短期集中のケースでは、ふたりの休みが合うというのも、お急ぎ派には重要です」と教えてくれたのはウエディングプランナーの岡村奈奈さん。会場との打ち合わせにはふたり揃って出かけたほうが何かとスムーズ。
 お急ぎ婚の場合、とにかく結婚式の日取り&会場決定を急ぐこと。その際、先に家族や親友など「必ず出席してほしい人」のスケジュールを確認しておくことが大切。確認を省いてしまうと、申し込み後に挙式日を変更することもあり得るからだ。
 やるべきことをこなしていくだけなら3カ月という期間は充分。ところが実際には「事前に予想できない作業時間」もこの表にカウントされている。やはり一大イベントなので、引出物や料理の内容を決めたあとに「本当にアレでよかったのかな?」と迷ったり、何かウエディングアイテムを手作りしたくなったり……。
 「招待状などのペーパーアイテムを手作りするかどうかは、ひとつの選択です。まず文面を考え、ミスがないかチェックして、プリントアウト。さらに折ったり挟んだり、集中力を要する地道な作業時間がプラスされることになります。会場で注文することにより生まれる時間でできることを考えるのも手ですよね」(岡村さん)
 たとえばウエルカムボードやリングピローなどは必ず手作りしなければならないというものではないし、特別なおもてなしアイテムを用意できなかったからといって「手抜き」と思われることもない。
 スムーズに準備を進めるうえで大切なのは、ふたりの軸をしっかりもつこと。なぜ結婚式がしたいのか、少しでもいいから話し合う時間をもつのがおすすめ。

 まずは担当者に相談を。一回の打合せを大切に

 とはいえ一生に一度だからこだわりたいと考える人も少なくないはず。お急ぎ婚でも結婚式にこだわりを発揮することは可能だ。ただ現実的には3カ月の準備期間だとアイテムの選択肢が狭まることも。たとえばウエディングドレスをレンタルではなくオーダーメイドにするとなると2〜3カ月前では難しいケースが多い。残り時間と相談しつつ、何にポイントを置くか、ふたりで冷静に考えるのがよさそう。
 「情報を見つけるために何時間もネットサーフィンするより、何はなくとも会場に出向いて1回の打ち合わせをじっくり行うほうが効率的だったりもします。会場のスタッフを信頼して、お願いできるところを上手におまかせするのが成功の秘訣です」(岡村さん) 

 〜お話を伺った人〜 岡村 奈奈さん

 音大卒業後、結婚式場やウエディングプロデュース会社、レストランなどでの勤務を経て2005年に
 フリーへ転向。ウエディングプロデュースのほかに専門学校講師、商品企画、イベント企画、
 メディア出演など多岐にわたる活動を展開。フリーランス・ウエディングプランナーのパイオニアとして
 ますます注目されている。

初出:「日本の結婚式」No.11 イラスト/原田マサミ