全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 首都圏で和婚が叶う披露宴会場

やっぱり気になる結婚式のお料理(二)
〜和食でおもてなしがしたい!〜

2016/02/19

写真/八芳園

<いくつ知っている?和食自慢の会場

明治記念館の「祝い膳」

東京大神宮マツヤサロンの「伊勢懐石料理」

 

八芳園の「OMOTENASHI CUISINE」


ホテル椿山荘東京の「日本料理」

 

ホテルニューオータニの「日本料理」

 

ホテルイースト21東京の「日本料理」

 

浅草ビューホテルの「日本料理」

 

川越氷川会館の「ひかわZEN」

 

ロイヤルガーデンパレス 柏 日本閣の「King&King」

 

櫻木神社の「オリジナル創作和食」

 

若宮の杜 迎賓館の「フレンチ懐石」

 

樫野倶楽部の「婚礼料理メニュー」

 結婚式で選ばれる二大料理〜和食〜

 婚礼シーンで供される日本料理のフルコースは「会席料理」であることが多い。鯛、昆布、海老など祝宴にふさわしい食材を使った献立が、特別感ある華やかな絵柄の器に盛りつけられる。会席料理はお酒と一緒に楽しむことが前提で、茶席の料理である茶懐石のように厳格な決まりはない。アレンジで肉や鍋物が出ることもあり、また料理長の考えが反映されるため献立の内容と料理の出てくる順は会場ごとに大きく異なると覚えておこう。

代表的な日本料理の献立を知ろう


先付・前菜

先付とは、お通しと呼ばれる、季節感のある軽い料理。前菜と一緒の膳に乗ることも。
前菜は
色や形で季節感を表現した細工の美しい料理を何点か盛り合わせにしたもの。

 

 

椀物

日本料理における主役のひとつ。互いを引き立て合う汁と椀種(具)に注目。

 


造里

つくりと読む。刺身のこと。白身、赤身、貝類などがバランス良く盛られる。

 


多喜合(炊合)

たきあわせと読む。煮物のこと。主に季節の野菜が用いられる。

 

 
合肴

あいざかなと読む。煮物と焼物の間に出る揚物や蒸物などの料理を指す。

 

 
家喜物(焼物)

もともと焼物は魚が主流。だが最近では肉を出すところも増えている。

 


寿物(酢物)

すのものと読む。一連の料理の後、口の中をさっぱりさせるための一皿。

 

 


食事

ご飯と漬け物やお新香、味噌汁をいただく。押し寿司などが出ることも。

 


水菓子

果物のこと。披露宴ではここでウエディングケーキも一緒にいただく。

 

※このほか「替鉢(かわりばち)」という名前でコースに代替アレンジが加わることも。 

 

 記事監修/ウエディングプランナー・岡村 奈奈さん

 音大卒業後、結婚式場やウエディングプロデュース会社、レストランなどでの勤務を経て
 2005年にフリーへ転向。ウエディングプロデュースのほかに専門学校講師、商品企画、イベント企画、
 メディア出演など多岐にわたる活動を展開。フリーランス・ウエディングプランナーのパイオニアとして
 ますます注目されている。日本の結婚式本誌で「大人ウエディング講座」連載中。

初出:「日本の結婚式」No.19 大人ウエディング講座 イラスト/今井未知

 和食の美味しい会場はこちら

【東京都内】

明治記念館 ●東京大神宮マツヤサロン ●八芳園

ホテル椿山荘東京 ●ホテルニューオータニ ホテルイースト21東京 ●浅草ビューホテル

【埼玉】
川越氷川神社・氷川会館

【千葉】
ロイヤルガーデンパレス 柏 日本閣 櫻木神社

【愛知】
若宮の杜 迎賓館

【徳島】
樫野倶楽部

※紹介した会場以外にも和食を提供している会場はあります。詳しい情報は日本の結婚式naviまで問い合わせを。