全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 首都圏で和婚が叶う披露宴会場

日本の結婚式No21 Cover Story
〜彩りのある記憶 目黒雅叙園〜 

2016/04/20

01_MG_0145

時を超える祝いの色と柄が溢れ出す空間

目黒雅叙園は、日本料理に加えて、当時としては珍しかった本格的な北京料理も供する異色の料亭として、1928年(昭和3年)にスタート。当初の顧客層は政治家や華族などに限られたが、次第に一般の利用も増えていった。また、園内に神殿を設けて衣裳室・美容室・写真室を併設、1つの場所で挙式から披露宴まで行うことが可能な、日本で初めての「総合結婚式場」としても知られる。創業時のオーナーが後に大家となった画家や彫刻家の卵を支援しようと園内の天井画や欄間絵を描かせた。こうして集められた美術館さながらの豪華な絵画や工芸品から、目黒雅叙園は「昭和の竜宮城」と呼ばれ、大人気に。当時の面影を留める「百段階段」と宴会場は、現在も目黒雅叙園内にあり、東京都の有形文化財に指定されている。見どころ満載の歴史的空間に加え、緑があふれ滝の流れる庭園は、いつの時代も人々に愛され、親しまれてきた。

エントランスからつづく回廊には、江戸時代の暮らしをあでやかに描いた彩色木彫板が壁一面に飾られ、訪れる者を非日常の別世界へと誘う。

2016-04-18_144029

回廊の先には「招きの大門」。その下をくぐって進めば、夢幻の目黒雅叙園ワールドが広がる。瓦屋根の上の棟飾りは「縁結び」を意味する。

目黒雅叙園は、目黒駅近くの便利な立地にさまざまなタイプの客室を備える本格的なホテルでもあり、癒しの和室空間は遠来のゲストにも喜ばれる。

01_MG_0579 

昔も今も、憧れの場所 幸せの記憶が重なっていく

目黒雅叙園で結婚式をすることの最大の魅力、それは撮影スポットが多彩で素敵な写真を残せること。百段階段をはじめ、ここにしかない唯一無二のロケーションは、いつの時代もおしゃれな花嫁たちの心を奪ってきた。希少な伝統工芸品である「組子障子」の前でポーズをとる花嫁写真、螺旋階段に立つふたり、滝が流れる庭園で四季の彩りを楽しむロケーション撮影など、本当に多彩なカットが、ここでは残せる。日本初の総合結婚式場である目黒雅叙園では、衣裳・美容・写真の施設が充実。さらに多彩なレストランや楽しいイベント企画、ホテルとしての宿泊施設も完備しているから、結婚式のみならず、記念日ごとにここを訪れる「アニバーサリー顧客」も増えているという。結婚記念日、誕生日、子どもが生まれたら百日祝いの会食など、幸福な思い出をここで重ね、とっておきの記念写真を増やしていきたい。

東京都の有形文化財に指定されている「百段階段」では、随時多彩なイベントが催され、たくさんの人が訪れる。その合間の貴重な日程でのフォトウエディングプランは大人気。今年は新たに、文化財での挙式もスタートするというから見逃せない。

滝が流れ、四季折々に多彩な表情を見せてくれる庭園は、まさに都会のオアシス。喧騒を忘れさせ、やすらぎと癒しを与えてくれる特別な場所。

 

目黒雅叙園


初出/日本の結婚式21 

人物撮影/白久雄一(フォ・ラージュ) ヘア&メイク/遠藤由紀(プラスナイン) モデル/ラッセル マイア スタイリング/長友妙子