全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 和婚が叶う会場

自然を守り次世代へつなげる地産地消ウエディング
原宿東郷の杜で

2017/03/03

都心にありながら約1万坪の広さを誇る原宿 東郷記念館。敷地内で養蜂を行うなど、環境保護などの視点も大切にした誠実な食への取り組みが行われている。生産から関わり地産地消を実現する東京産の婚礼料理がこれから生まれようとしている。

IMG_4588

次世代を思い生まれた「東郷はち蜜」

原宿 東郷記念館で養蜂が行われ始めたのは、4年前。今ある自然を守り、次世代へつなげていくためにすべきことを模索しているときだった。自然界におけるミツバチの重要性を知った副社長の日下淳史さんの指揮のもと環境保護の一環として始め、現在は約5万匹を有志のスタッフたちが育てているという。当初は、本当に東京でハチミツができるかと半信半疑だったが、初年度から純度100% の百花草のハチミツが約200?取れるなど成果は上々。東郷はち蜜と名付けられ、結婚式のプチギフトや引き出物にぴったりのお菓子、リップクリームなどの商品になった。館内のカフェで提供されるスイーツやドリンクにも添えられている。

 2017-03-03_105344

(写真右下)餡の中に東郷はち蜜を練り込んだ原宿 東郷記念館オリジナル和菓子「三藤(みふじ)コーヒーわらびもち」。おこのみでミルクをかけて食べるのがおすすめで、引菓子としても人気。

また、最近では隣接する東郷神社に貴重なニホンミツバチが生息することが分かり、改めて東郷の杜の自然の豊かさ、産地としての東京の可能性を再確認。今後は、東郷の杜だけでなく安心安全な素材を作る自然環境や生産者を保護し、本物を目指す原宿 東郷記念館でしか食べられない婚礼メニューを作っていく予定だという。おいしいだけでなく自然を守る意義をもつ婚礼料理は、より誠実なふたりの思いをゲストに届けることができるだろう。

 

 東郷神社のお参りの帰りに味わいたい
「Togo café」の東郷はち蜜を使ったスイーツ

信念をもって食にこだわる原宿 東郷記念館の味と心を気軽に味わうことができるのが、1階の「Togo café」。窓の外に広がる日本庭園を眺めながらゆっくりランチやティータイムを楽しむことができる。特に注目は、東郷はち蜜を使ったメニューで、紅茶やパンケーキに添えられているほか、お菓子の素材に使用されている。東郷神社のお参りの際や原宿散策の合間に立ち寄ろう。

2017-03-03_110422

 Togo cafe
東京都渋谷区神宮前1-5-3
Access/JR山手線原宿駅竹下口より徒歩3分、千代田線・副都心線明治神宮前駅5番出口より徒歩3分
営業時間/月〜金曜10:00〜19:00、土・日・祝9:00〜20:00(火曜定休 ※祝・祭日を除く)

                                           初出:日本の結婚式No.23