全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 首都圏で叶える神社結婚式

結婚式ができる神社仏閣へお参り
〜東京・浅草周辺〜

2017/11/04

日本の結婚式に掲載されている神社仏閣へ編集部員が実際にお参りに行ってみる企画がスタート!今回は人気の東京下町エリア・浅草周辺を回ってみました。

牛嶋神社

5年に一度の例大祭が有名な古社

まずはじめに行ったのは、下町エリアの新観光名所・東京スカイツリーが間近に見える牛嶋神社。

本所吾妻橋駅と東京スカイツリー駅より徒歩5分、浅草駅からは徒歩10分。観光地に囲まれているのに神社はとても静か。全国的にも珍しい3つの鳥居が一つになっている「三輪鳥居」は一見の価値あり。他にも自分の体の悪い部分を撫で、牛の同じところを撫でると病気が治ると言われる「撫牛」が有名なので、参拝の際は撫でていこう。隅田川沿いに広がる隅田公園に隣接しているので、参拝後は公園でのんびりするのもいい。

 

写真左/どこをくぐろうか悩んでしまいそうな「三輪鳥居」。写真右/病気治癒祈願で有名な「撫牛」。他にも子供が生まれた時によだれかけを奉納して、これを子供にかけると健康に成長するという言い伝えもある。

牛嶋神社

Access 都営浅草線本所吾妻橋駅徒歩4分、東武スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅徒歩5分、東京メトロ浅草駅徒歩10分

 

 

 浅草神社

三社祭の「三社様」として親しまれている神社

牛嶋神社より言問橋を渡りながら10分ほど歩くと、多くの観光客で賑わう浅草に到着。

馬道通りから二天門をくぐると、すぐ右手にあるのが三社祭で有名な浅草神社。隣の浅草寺と比べれば参拝客もそれほど多すぎることもなく、落ち着いた雰囲気。国の重要文化財に指定されている社殿は三代将軍徳川家光より寄進されたもので、戦争や災害から奇跡的に免れ、350年経った現在も当時の面影を残している。境内の片隅に隠れパワースポットと呼ばれる「夫婦狛犬」を発見。良縁・恋愛成就・夫婦和合のご利益があると言われているので、こちらも忘れずに参拝したい。

 

写真左/大賑わいの浅草寺の隣にあるので気が付かない人も多いそう。写真右/神使として聖域を守る役割をもつ狛犬は一対で置かれることが多く、寄り添って置かれているのはとても珍しい。

浅草神社

Access 東京メトロ浅草駅1番出口より徒歩7分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口より徒歩10分

 

 

鳥越神社

東京下町に1360年前より鎮座する古社

浅草神社より仲見世通りを通って都営浅草線に乗って一駅。問屋街が多く、最近ではおしゃれなカフェで賑わっている蔵前駅より徒歩5分の場所にある鳥越神社。

都内最大級の千貫神輿で有名な鳥越祭や、どんと焼きなどは多くの人で溢れかえるが、緑が多く普段はとても静かで都会にいることを忘れてしまいそう。境内には福寿神社や志々岐社などの末社があるのでこちらにも参拝を忘れずに。

 

写真左/御神輿のデザインがとても個性的な絵馬。出世開運のご利益があるといわれているので奉納していこう。写真右/境内にはたくさんの木々が四季折々の彩りを見せる。この日は、柿の木に実がなっていた。

鳥越神社

Access 都営浅草線蔵前駅A1出口より徒歩5分、JR浅草橋駅西口より徒歩8分

 

 

東本願寺

情緒ある下町浅草で仏前結婚式が叶うお寺

鳥越神社から徒歩15分。合羽橋道具街より一本奥へ入った場所にある東本願寺。

こちらは浄土真宗東本願寺派の本山。隣に幼稚園が併設されていて子供たちの声が響き渡り、お迎えの時間は賑やかだ。入口に「どなたでもご自由にお参りください」との案内が。中へ入ると天井が高く、広い本堂の奥には金色に輝く阿弥陀如来像が見える。この日は参拝客もまばらで静かだったので、しばらく椅子に座って心を落ち着かせることができた。

 

写真左/250名が参列できるという広い本堂。仏前結婚式も可能。写真右/金色に輝く阿弥陀如来像は東京都の重要文化財に指定されている。

東本願寺

Access 東京メトロ田原町駅より徒歩5分、都営線浅草駅1番出口より徒歩10分

 

 

今回お参りに行った神社仏閣

 

今回は4社を徒歩と都営浅草線を使って3時間。観光名所も多く食べ歩きもできるので、散歩しながらのんびり巡るのがおすすめ。また、浅草周辺はバスが多く出ているので、都営一日乗車券(都バス・都営地下鉄・都電1日フリーパス¥700)などを使って巡るのもいいだろう。