全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 旅行も兼ねて旅する和婚

群馬 上野村婚〜まだ知らない日本へ〜

2016/01/27

雄大な森の中で人と自然がもてなす上野村婚

2016-01-14_153458

東京から車で2時間30分の地に、手つかずの秘境が残る。群馬県にある「上野村」だ。群馬県の最西南端に位置し面積の実に96%が森の小さな村。歴史は古く、神流川の周辺からは、縄文土器や石器類の出土が見られ、神話の中では日本武尊が軍勢を率いてこの地を通過したなどの伝説が残る。豊かな村の自然や人々のあたたかさなど日本の美しい原風景が色濃く残るこの小さな村が知られるようになったのは30年前に起こった日本航空機の墜落事故から。大自然は悲しみを包み込み、人々は苦しみを乗り越え、今では都会からのIターン者も積極的に受け入れて人口は1300人を超え活気づいている。そんな上野村の人々が、今や希少な大自然の中でひと味違った結婚式をしてほしいとこのたび「上野村婚」をスタートさせた。手掛けるのは村役場が母体となった「上野振興公社」。日本では初の自治体が直接手がけるウエディングとなる。村を挙げて全員がふたりを心から祝福してくれる結婚式は、ふたりにも列席したゲストにも生涯の宝物になるはずだ。

四季折々に表情を変える自然は和層輝かせる。美しい渓谷が広がる高さ90mのスカイブリッジも人気のフォトスポット。大蛇が住むという伝説の「龍神の滝」は必見。キャンプやバーベキューもでき、上野村産の旬野菜や野趣あふれる猪豚が味わえる。

ほかでは体験できない村全体を使った贅沢なウエディング

2016-01-14_154225

上/「ヴィラせせらぎ」 下/「やまびこ荘」

四季ごとの大自然と歴史文化が残る上野村。名水百選に選ばれた神流川や観光名所が充実しているほか、貴重な猪豚などここでしか味わえないグルメも楽しめる。ウエディングでも、この自然を舞台にさまざまなスタイルから選べるのが魅力。例えば自然を満喫するなら、コテージが並ぶ「まほーばの森」で豊かな自然とふれあうアウトドアウエディング。室内の祝宴なら「ヴィラせせらぎ」があり、イタリア・ミラノの領事館で腕を振ったシェフが地素材で作る料理でおもてなしする披露宴が行えるほか、国指定の重要文化財「旧黒澤家住宅」を貸し切り神前挙式も叶う。村全体が使えるので、上野スカイブリッジなどを使ってほかではできない演出や撮影が可能。さらに宿泊施設が揃い、滞在しながらの祝宴も叶う。時間がないふたりは東京は日本橋浜町にある著名なきものスタイリスト石田節子さんのレンタルショップ「衣裳らくやレンタル」で打合せできるほか、衣裳や演出も手配してくれるので気軽に相談してみよう。

東京での上野村婚のご相談は衣裳らくやレンタル

大自然の祝福 上野村婚で1泊2日宿泊ガイド付きツアープレゼント!

上野村の大自然に包まれる神流川の清流に囲まれたモダンな「ヴィラせせらぎ」もしくは、山中の宿「やまびこ荘」の1泊2日の宿泊をプレゼント!

【プレゼント応募条件】
応募期間:2016年1月1日〜3月31日  ※終了しました
募集人数:男女とも20〜45歳までのカップル5組限定
内容:上野村婚フィールド1泊2日宿泊ガイド付きツアー。実施日は当選者の希望日
※応募はこちらから※ ※当選者の発表は「上野振興公社」よりの連絡を持ってかえさせていただきます。

 

<アクセス>

2016-01-29_074410

※各方面から送迎あり!※

上信電鉄下仁田駅から車30分※送迎バスあり※

JR高崎駅から車1時間※送迎バスあり※

西武線秩父駅から車1時間※送迎バスあり※

 

<詳細はこちらへ問い合わせを>

(株)上野振興公社ブライダル事業部 

住所:〒 370-1613 群馬県多野郡上野村勝山684-1
電話:0274-59-2584
メール:kosha@uenomura.ne.jp
営業時間:9:00〜17:30
定休日:土日祝日