全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 全国各地の神社結婚式&会場

名古屋和婚トレンド2016〜お城、甲冑、庭園で祝言

2016/08/19

昔から豪華なことで全国的にも知られる「名古屋の結婚式」。それは、おもてなしの精神と結婚式をトコトン楽しもうというポジティブ志向の現れ。そんな名古屋のウエディングには、やっぱり和装がお似合い! 歴史ある神社仏閣や文化財など、絵になるスポットがいっぱい。

2016年春にオープンした日本の結婚式navi名古屋サロンと「日本の結婚式」編集部が、名古屋和婚のいまをレポート!

気分は城主さま!? 名古屋城の茶室で結婚式

名古屋のシンボルを背景に披露宴を行えるウェスティンナゴヤキャッスル。同ホテルだからこそ叶うのが、名古屋城内の歴史ある茶室(書院)を舞台にした挙式。誓約の儀など5つの儀式からなるオリジナルの人前式「鵬翔結婚式」(50名まで列席可能)は、武将の生きた時代へタイムトリップした気分。貴重な体験なだけに参列した両親や親族もいい思い出になるはず。挙式後は、城内や茶室をはじめとする名スポットで記念撮影が行えるほか、花嫁花婿は人力車に乗り、観光客の祝福の声を浴びながら移動することができる。

名古屋城挙式2

 つなげたやつ

 名古屋城の周りには四季折々の自然が美しく最高の撮影スポットとなる。人力車での移動も忘れられない大切な思い出になる。

 ウェスティンナゴヤキャッスルの和婚はコチラから

名古屋最強フォトスポット そのまま結婚式も行える!

中部地方の地形をモチーフに作った、東海エリア屈指の池泉廻遊式庭園「白鳥庭園」。1万坪の広さを誇る名園の魅力は、春は桜、秋は紅葉と四季折々に表情を変える華やかな自然。さらに木曾川や伊勢湾をイメージした渓流や滝、蓮が浮かぶ池などが配されている。日本庭園では、和装はもちろんドレスも撮影可能。ほかでは実現できない人生最良の写真を残すことができる。また、園内で結婚式を挙げることもできる。

shiratoriset

祝宴もできる邸宅「清羽亭」からは春夏秋冬ごとの自然を見渡すことができる。夜のとばりが下りるとライトアップされ、幻想の世界になるのも見ものだ。錦の織物のように艶やかに染まる錦秋もおすすめ。

白鳥庭園 THE SHUGENの和婚はこちらから

 新郎にも衣裳選びの楽しさを! 本格的な甲冑をまとい挙式しよう

 新婦に比べて新郎は衣裳を選ぶ楽しみが少ない!と嘆くふたりに朗報なのが、コルヴィアスイートの「甲冑プラン」。年内に予約すれば着付料、出張料込みで特別価格15万円で頼むことができる。新郎が名将の甲冑(かっちゅう)を身に着けて挙式を行うことができ、しかもリーズナブル。そもそも甲冑には「身を清め、家庭を守る」という意味があり、結婚式にはぴったりなのだという。甲冑は、徳川家康や伊達正宗など戦国を代表する武将スタイルを7パターンを用意。すべて本物を忠実に再現したレプリカだが漆塗りの本格派だ。これから家庭を引っ張っていく“主”としての決意表明に選んでみるのはいかがだろう。

 koruviaset

徳川家康(写真中)ほか大河ドラマでブレイクしている真田幸村の甲冑(写真右)も選べる。新婦も戦国武将の妻にふんした和装をすれば祝宴が盛り上がること間違いなしだ!

 コルヴィアスイートの和婚はこちらから

 

 初出/日本の結婚式22  取材・原稿/中沢文子