全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 全国各地の神社結婚式&会場

悠久の歴史を誇る住吉の杜で いくつもの絆を紡ぐ婚儀と祝宴

2018/02/19

広大な境内を参進、国宝指定の本殿でも挙式が可能

親しみを込めて「すみよっさん」と呼ばれる住吉大社。「日本書紀」や「古事記」にも名が記された長い歴史を誇り、全国に2300社余りある住吉神社の総本宮だ。3万坪の広い境内は豊かな緑に包まれ、その中を進む「花嫁行列」から婚儀は始まる。挙式の舞台は「住吉造」の本殿(国宝指定)ほか、参列人数や雰囲気に合わせて3つの神殿から選べる。いずれも日本の伝統に沿った古式ゆかしい神前式。ふたりや家族の絆だけでなく、親族や友人など大切な人たちとの絆をあらためて感じる挙式に。「すみよっさん」とのご縁も深まり、ふたりの新しい人生を見守っていただける。

 住吉大社 をクリップ

01_R_1

0203_R

まるで歴史絵巻のような「花嫁行列」が厳かに進む。白無垢綿帽子の花嫁姿と木々の緑や住吉大社の象徴として有名な「太鼓橋」の朱色とのコントラストが美しい。

0405_R

古(いにしえ)の神話を受け継ぐ神前の儀式は、厳粛にして感動的。

移動なしの境内で祝宴が叶う 衣裳や料理もすべて専属

祝宴は、境内に併設の「住吉大社吉祥殿」で。少人数の会食から最大300名の盛大な宴まで対応できる。婚礼の際のみ利用できる一般非公開の「神館」は特に人気。もてなしの決め手は、専属の料理人が手掛ける逸品で。館内厨房からできたてをサービスしてもらえる。衣裳室では、オリジナルの和装も豊富にそろうので、詳細はフェアで確認してみよう。

06_R

07_R

玉座を有する「神館」。一般非公開の貴重な舞台を、婚礼の時には貸切りにできる。その特別感もゲストへのもてなしになるはず。最大50名まで。

料理_R

一流の板場で腕を磨いた専属の料理人が手掛ける料理は、季節の彩りを添えた逸品ぞろい。館内厨房からできたて、食べごろの状態でゲストのもとへ。

08_R

絹糸に本金を練りこんだ金糸で織り上げられた本金打掛、オリジナルの婚礼衣裳が豊富にそろっているのも住吉大社での挙式の魅力のひとつ。衣裳室は館内にあり、打ち合わせで通うのも便利。

 問い合わせ/住吉大社