【2024年2月7日】 伊勢神宮 神宮会館大講堂で
「飛天双〇能 能楽奉納」シンポジウム開催

2024.01.15
飛天双○能 シンポジウム 【2月7日開催:三重県】 飛天双○能 シンポジウム 【2月7日開催:三重県】

飛天双○能 シンポジウム 【2月7日開催:三重県】

能楽の大鼓(おおつづみ)奏者で重要無形文化財総合指定保持者の大倉正之助が、12年12ヵ所で能楽奉納を行う「飛天双〇能(ひてんふたわのう)」。
2024年2月8日に伊勢神宮に能楽を奉納する前日の2月7日午後1時から、能楽と伝統文化の継承について理解を深める「飛天双〇能シンポジウム」が、三重県伊勢市宇治中之切町の神宮会館大講堂で開催される。能楽の保存継承に取り組む一般社団法人令和文化蔵(京都市)が主催。
一般参加チケット 事前5,000円(当日6,000円)。
チケット販売は公式オンライン
https://hitenfutawanoh.myshopify.com/

(主催公式サイトより)
飛天双◯能 特別開催シンポジウムとは:

“私たちの現在は、未来にとってどういう時代なのでしょう”
飛天双◯能が能楽奉納を行う理由

奉納前日に於いて「伝統的なものづくり」と「奉納文化」の理解を深めるためシンポジウムを開催致します。
2部制にて多方面の専門家より現在の伝承技術継承の実際の話を伺う試みです。このような試みは是迄になかったわけではありませんが、昨今滞りや失いつつある何かを感じている者たちが伊勢の地に集い、いま消えゆきつつあるものを浮かび上がらせてみる事により、私たちが今後どのように生き進めるかの手掛かりをみつける事が目的です。
このシンポジウムは古い時代は良かったという懐古主義ではないのです。私たちに古来より奥底に染み付いているDNAは今でも存在しているのか否かを試されている氣がしてなりません。多種多彩な皆様と共に伊勢の飛天双◯能奉納を通して、生活・伝承文化を強く深く、未来へ継承の一助となりますれば幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。
《公式パンフレット >>PDFダウンロード

■飛天双◯能シンポジウム

日程 2024年2月7日(水)
時間  12時会場 13時開会 17時30分閉会
場所 伊勢市 神宮会館内 大講堂 (住所 三重県伊勢市宇治中之切町152)

<展示>
能装束、奉納に使う復元品(材料)、能面(伊庭貞一作)、

<展示販売>
麻製品、絹製品、紙製品、飛天双○能コラボレーション品

<参加料>
販売予定席数 600席
事前販売 5000円 (一部&二部) 当日(6000円)
飛天双◯能奉賛会員 4000円(一部&二部)
大学生以下 無料

参加チケット取得方法
事前受付 飛天双〇能チケット販売サイト https://hitenfutawanoh.myshopify.com/
当日受付あり(数に限りがあります)

<問い合わせ先>
飛天双○能 実行委員会 info@hitenfutawanoh.jp

企画 大倉正之助
主催  一般財団法人 令和文化蔵
協力  飛天双◯能実行委員会 飛天双◯能伊勢実行委員会

一般財団法人 令和文化蔵
本部 京都市左京区南禅寺北ノ坊町10番地2
事務局 神奈川県三浦郡葉山町492-1
電話 046-894-5097

関連記事

2024.05.13

【八芳園】
6/1(土)~30(日)まで
館内レストランRESTAURANT ENJYU」に
山梨がテーマの期間限定コースが登場!

2024.05.13

【明治記念館】
“期間限定の大好評ビアテラス「鶺鴒」を今年も開催!”
美しい庭園を眺めながら、優雅なひとときを(9/27まで)

2024.03.26

【八芳園】八芳園のプライベートブランド「kiki-季季-」より春の贈り物にぴったりな2種の新商品が登場!

クリップリストに追加しました!

「クリップ」から確認することができます。

クリップリストから削除しました