お役立ち知識

「神前式」と「和装」の
メリット・デメリット

2019.10.15

伝統の雰囲気の中で行われる、厳かな「神前式」。日本人であるからこその憧れがあるものの、実際、どんな良さがあるのかしっかり押さえておきたいですよね。ここでは、神前式のメリットだけではなく、デメリットについても触れていきたいと思います。後悔のない結婚式を迎えられるように、ぜひチェックしてみてください。

神前式のメリット

伝統文化を体感できる

静寂の中で生糸が擦れるような音で紡がれる、厳かな雅楽の演奏、華やかながら慎ましく繰り広げられる巫女の舞い、伝統的な雰囲気の中、ひとつひとつ丁寧に「儀」が行わる神前式。神前式を挙げる人のほとんどの方が一番期待するのが、この日本古来の伝統文化を結婚式で体感できることです。

日本人であることの喜びや、日本文化の素晴らしさをより一層、実感できます。

新郎の活躍が多い

キリスト式と比べて、新郎の活躍が多いのも神前式の特徴と言えます。キリスト式ではバージンロードを歩くのも新婦と父親のみで、新郎は特別目立って活躍する場面はありません。しかし、神前式は一般的に「誓詞奏上(せいしそうじょう)」と呼ばれる儀式で新郎が、「結婚の誓」を神様の前で述べる機会が用意されています。頼もしい新郎の姿を列席者に披露できるという点で、神前式を選ばれる花嫁さんもいらっしゃいます。

節目に何度も訪れることができる

神社で神前式を挙げる場合、一般的にお参りできる場所が多いため、毎年の「初詣」や子供が産まれた際には「お宮参り」「七五三」など、家族の節目節目に訪れる機会があるのも特徴です。結婚からつながる夫婦、家族の意味を、神前式を挙げた大切な場所で再認識することができるので、おふたりの人生とともに継続的に関わっていくことができます。

神社を訪れる全ての人達に祝福される

伝統的な有名な神社や地元の神社などでの神前式は、一般の方々も普段どおり参拝しているため、キリスト式に比べると一般の人の目に付きやすい式とも言えます。自然とその場にいる人達に祝福されるのも神前式の魅力のひとつです。

神前式のデメリット

天候に左右される場合がある

結婚式場やホテル内に設置されている本殿であれば特に問題ありませんが、一般的な神社の場合、天候に左右されることがあります。本殿へ向かう「参進の儀」や「花嫁行列」など外を歩いて行う儀式は、悪天候の際には辛いかもしれません。写真なども外での撮影が多くので、天候には注意が必要です。

バリアフリー対策

伝統的な場所で行うがゆえ難しい部分ではありますが、古い神社などはバリアフリーになっていない場合も多いです。参列者に年配の人が含まれている時には、面倒をおかけてしまう場合もあります。長い階段や段差など、事前に確認しておくようにしましょう。

参列者の数には限りがある

両家の結びつきの意味もある神前式。挙式に出席できるのは基本的には親族のみとなってしまうケースも多々あります。また、本殿のスペースにも限りがあり、キリスト式に比べると収納人数に制限があることも。どうしても、キリスト式と同様に友人にも参列して欲しいと願う場合には、大人数が収容できる神社を探す必要などが出てきますので、こちらも事前に確認をするようにしましょう。

和装のメリット

和装のメリット

結婚式でしか味わえない特別な着物

神前式と聞いて、すぐに思い浮かぶのが白い神聖な着物「白無垢」。白無垢は神前式の結婚式のみに許される特別な着物です。この真綿で包まれたような清楚で凛とした雰囲気に憧れる女性も少なくないでしょう。白無垢には純粋無垢、清らかという意味から今後「嫁ぎ先の色合いに染まってく」という意味が込められています。

また、披露宴で着る華やかな「色打掛」も今後の夫婦、家族の繁栄を願う意味があります。神社という神聖な場所で美しい和装に身をまとい「神前式」に臨めば、心も身体も自然と稟となり、美しい花嫁姿をお披露目できます。

神前式だけじゃない、人前式などの新しいスタイルでも使える

和装と聞くと神前式のみを考える方が多いですが、実際は「人前式」でもアレンジして使うことができます。宗教や格式にとらわれることなく、日本人の心を残して挙式を行いたい時に和装で人前式に臨めるので、和装をまとったオリジナルの挙式が実現できます。

和装のデメリット

お色直しに時間を取られる

着物全般に言えることではありますが、洋装に比べると和装は着用に時間がかかります。その理由はドレスよりも下に重ねて着るものが多く、また小物の数もたくさんあるからです。白無垢から打ち掛けなど着物から着物へのお色直しであればまだ時間のストレスはありませんが、着物からドレスに変える場合は、髪型も含めて整えないといけないのでだいぶ時間を取られます。ゲストの待ち時間が長くなるため、飽きさせないような披露宴の工夫が必要となってくるので注意しましょう。

想定より高額になることも

神前式の衣裳代とキリスト式の衣裳代の平均をみると、キリスト式の方が高いイメージがありますが、和装は選ぶ衣裳や小物(カツラ、綿帽子、角隠しなど)の内容によっては、通常の料金よりも上乗せとなってしまうことも。仕度代も含め、セット料金に入っていることが多いですが、内容がどこまで含まれているのかしっかり確認するようにしましょう。

ポイントを押さえて、後悔のない結婚式を

神前式は数々の儀式が行われるため、長くかかるように思われるかもしれませんが、所要時間は40分程度で、実際はキリスト式と比べてもそれほど変わらないです。
 
日本の神様の前で挙げることができる、特別な伝統の挙式「神前式」。メリット・デメリットをよく理解して、おふたりにとって特別な結婚式を叶えてくださいね。

関連特集

お役立ち知識
2019.11.12

神前式の指輪交換で
押さえておきたいポイント

お役立ち知識
2019.11.05

今、外国人の間でも
和婚がブームな理由とは?

お役立ち知識
2019.10.29

結婚式において親族に
招待状を送る際のマナー

カテゴリから記事

神社・会場

神社・会場

和装・ヘアメイク

和装・ヘアメイク

お役立ち知識

お役立ち知識

神社結婚式振興会 監修記事

神社結婚式振興会監修記事

クリップリストに追加しました!

「クリップ」から確認することができます。

クリップリストから削除しました