全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 結婚準備のお役立ち知識

「やってよかった」と思える
結納のある結婚式

2018/10/01

結婚が決まったら、結婚式の前に行いたいのが「結納」(ゆいのう)。
1000年以上も続く伝統的なこの儀式は、これから親族になる両家がお互いを知り、敬意を払い、心を通わせる、家族にとって意味のあるもの。
実際に行った家族からの声も紹介。結納をすることの意義について考えてみよう。 

 

yuinou

家同士が理解し合うために  当日だけでなく過程も大切

結婚も結納も同じなのは、行うのがふたりではなく両家だということ。
特に結納は、両家が初めて顔を合わせる場となるケースも多く、結納を行うかは実は重要なことなのである。特に娘を送り出す新婦側の家族は、新しい家族の中で娘が幸せに暮らせるのかという不安がある。解消するには、新郎側の家族の人柄を知ってもらいたい。

結納は、地方によってしきたりが違う。揃える結納品も納める結納金の額も違うため、準備をする段階で両家が連絡を取り合うことになる。その過程で両家は互いに理解を深められ、新郎家の感謝や誠意も伝わっていく。結婚後の両家の関係を良好に保つためにも、最初の一歩となる結納で心の交流を深めておくことは重要なのだ。結納はふたりのためだけではなく家族のために意義のある儀式であることは覚えておこう。

優先したいのは親の意向  行ってよかったと思える時間に

日程や場所なども親の意向を伺うようにしよう。例えば、結納を行う場所は、かつて新婦の家で行うことが一般的だったが、最近は準備の大変さなどを考えてホテルや料亭などで行うケースも多い。しきたりも大切だが両家の負担が軽くなるよう考えたい。


そもそも、結納には新郎側が新婦の両親に向けて「(新婦を)生み育ててくれてありがとう」と感謝を伝える目的がある。結納品は、感謝の気持ちを表現したものなのだ。和婚を考えるふたりなら、伝統を大切にしたいという思いがあることだろう。しかし、しきたりをなぞるだけではなく、心を伝えるという結納本来の意義を忘れず、自分の家族の気持ちが相手の家族へ伝わるように予定を組み立てていこう。


また、結納は、ふたりにとってもけじめの場になる。特に、新郎にとっては新婦の人生を受け入れる責任と実感もわくだろう。両家が向き合う結納は、家族にとっては心を通わせることになり、ふたりにとっては夫婦になる覚悟ができる。誰もが行ってよかったと思える時間になるはずだ。

 

実際に結納を行った新郎新婦お母さんの感想を紹介

< 新郎母からの手紙より >

両家の初顔合わせを行うことになったものの、結納を行うべきか悩んでいました。百貨店で専門家に相談したところ「けじめとして結納を納めさせていただきたい」とお声がけをするのが筋だと思うようになり、顔合わせの際に結納を申し出ました。相手方のご両親は、とても気さくな方で話も盛り上がり、両家の食事会も兼ねて結納を行うことに。帰宅後、先方お父様からお礼のお電話をいただいたときは、「やってよかった」「気持ちよく役目を果たせた」と満足感をおぼえました。さらに、息子からの「今日はありがとう」のひとことで、親として責任を果たせたとも感じました。儀式は苦手と思っていましたが、それは食わず嫌いだったのだと思うほど、結納はいい経験になりました。

 

< 新婦母からの手紙より >

結納が無事済んで、あらためて主人とふたりでいただいた結納品を眺めていると、涙が出そうになりました。よいご家族とのご縁に恵まれたと、これで安心して結婚式を迎えることができます。結納を行っていただいて本当によかったです。

 

取材協力・問い合わせ:結納屋 長生堂 

楽天市場店https://www.rakuten.co.jp/yuinouya-chouseidou/ 

YAHOO店 https://store.shopping.yahoo.co.jp/chouseidou/

 

 

初出:日本の結婚式No28