神社・会場

古からの歴史と今が重なる
新しい神社結婚式
~大國魂神社 結婚式場

2019.04.02

西暦111年創建 縁結びの神社で神前式

生まれ育った街や、ふたりが暮らしていく沿線のなじみのある神社で結婚式を挙げたいと考える人は多い。東京郊外で人気の大國魂神社は京王線とJRの各駅から徒歩5分、府中の街の顔として愛される神社だ。武蔵国総社で都内の格式高い神社が名を連ねる「東京五社」のなかで最も長い歴史をもつ。縁結びや安産などのご利益のある神社として知られ、遠方からも訪れる参拝者で連日賑わう。

大國魂神社での結婚式は、ケヤキ並木が美しい参道を抜けて本殿へとまっすぐ伸びる道を歩く「参進の儀」から始まる。その後、本殿に入り新郎新婦が誓いの盃を交わす「三献の儀」、雅楽の音色にのって巫女が舞う「浦安の舞」、ふたりの心を乗せて神前に捧げる「玉串の法奠」などの本格的な儀式が厳かに執り行われる。 広々とした緑の杜を訪れるたびに心癒され、この雰囲気が好きだからと親子三代にわたって結婚式を挙げる人も多い。都会の喧騒とは別世界の神社とのご縁は、結婚後もお宮参り、七五三と続いていく。

縁結びの神様として知られる府中の大國魂神社。マイナスイオンたっぷりの緑の杜に佇む神社は、春夏秋冬が豊かでロケーション撮影に最適。

古社の格式が感じられる本格的な儀式と、秋冬期間限定で行われる1日1組だけの夜の挙式も幻想的で美しい。

空間と料理・サービスを一新 おもてなしで選ばれる会場

都内屈指の歴史と由緒が感じられる本格的な神前式のあとは、境内に隣接する披露宴会場で、ふたりらしいおもてなしを。 結婚式場としての大國魂神社の大きな魅力は、人数や雰囲気で選べる上質な空間が揃い、食べておいしく目で見て楽しい、料理演出の多彩さだ。和食の職人がその場でつくる手鞠寿司や祝い餅の初杵、両目を入れることで願いが成就するだるまケーキなど、和心あふれる演出の数々が祝宴を盛り上げる。 最大250名が着席できるメインバンケット「欅桂の間」ではライブキッチンを備え、つくりたての美食メニューが味わえる。開宴前の和の前菜ビュッフェから食後のデザートビュッフェも、ゆとりある空間を生かした演出が可能だ。 

伝統と今が重なる会場は、伝統の鏡開きからインスタ映えする料理や装花まで多彩な演出が可能。ライブキッチンから提供される熱々つくりたての伊勢海老や黒毛和牛でゲストをもてなそう。

昭和の時代から受け継がれる和室会場「鶴の間」では親子三代にわたって披露宴をするカップルも目立つ。歴史と伝統が薫る和室会場でナチュラルなドレスを着こなすのもおしゃれ。

本物の挙式が叶う場所だからこそ、その後のおもてなしの時間もまた豊かなものに。歴史と伝統を守ることだけにとどまらない、新しい神社結婚式のトレンドが感じられる。

大國魂神社 結婚式場
042-362-0092
東京都府中市宮町3−1
http://www.ookunitamajinja-wedding.jp/

関連特集

神社・会場
2019.04.16

首都圏和婚トレンド③
和食でもてなす結婚式
~つきじ治作~

神社・会場
2019.03.12

首都圏和婚トレンド②
隣り合うホテルと神社で大人の和婚
ザ・キャピトルホテル 東急

神社・会場
2019.03.05

首都圏和婚トレンド①
ふたりらしい誓いのかたちを探す
~ホテル雅叙園東京~

カテゴリから記事

神社・会場

神社・会場

和装・ヘアメイク

和装・ヘアメイク

お役立ち知識

お役立ち知識

神社結婚式振興会 監修記事

神社結婚式振興会監修記事

クリップリストに追加しました!

「クリップ」から確認することができます。

クリップリストから削除しました