世界遺産「厳島神社」で
神前挙式&島内カフェで披露パーティ

2018年5月に厳島神社で神前結婚式を挙げたふたり。
挙式後は、厳島の島内のカフェで友人たちとの披露パーティも開催。
「新緑の季節だったので、もみじがとても綺麗でした」と感激の新婦は、
白無垢と色打掛で大満足の一日を過ごしました。

観光も一緒に楽しんでもらえた厳島神社挙式

もともとウエディングパーティをメインにした「1.5次会」スタイルを考えていたというふたり。
遠方からの友人も駆けつけてくれることになっていたため、せっかくなら観光も楽しんでほしいと、厳島神社での挙式と、島内のカフェでの披露パーティを計画することにしたそう。
以前から神社には親しみがあり、綺麗な花嫁衣裳が着たかったのもこのスタイルを選んだ理由。
神前式は両家親族が参列して執り行われましたが、大勢の友人たちが早めに来て、神殿の外からふたりを見守ってくれました。

「土曜日の厳島神社は観光客の方々も多く、拍手やおめでとうの言葉をかけてくださいました。神社という場所だからか、より身が引き締まる思いがしました。意外と和装が似合っていたようで、皆様から褒めていただけたのもうれしかったです」(新婦)

もともとウエディングパーティをメインにした「1.5次会」スタイルを考えていたというふたり。
遠方からの友人も駆けつけてくれることになっていたため、せっかくなら観光も楽しんでほしいと、厳島神社での挙式と、島内のカフェでの披露パーティを計画することにしたそう。
以前から神社には親しみがあり、綺麗な花嫁衣裳が着たかったのもこのスタイルを選んだ理由。
神前式は両家親族が参列して執り行われましたが、大勢の友人たちが早めに来て、神殿の外からふたりを見守ってくれました。
「土曜日の厳島神社は観光客の方々も多く、拍手やおめでとうの言葉をかけてくださいました。神社という場所だからか、より身が引き締まる思いがしました。意外と和装が似合っていたようで、皆様から褒めていただけたのもうれしかったです」(新婦)

厳島神社の回廊を厳かに参進する新郎新婦と両家の親族一同。新郎は紋付羽織袴姿で、新婦は白無垢に綿帽子姿で挙式に向かいました。一般の参拝者からの祝福の声も、神社挙式ならではのうれしいシーンです。

厳島神社の本殿で執り行われる神前挙式。平安時代の優美で雅な寝殿造りの佇まいは特別な雰囲気に包まれます。

厳粛な雰囲気の中で執り行われた神前結婚式。両家で固めの盃を交わし、絆が結ばれました。

駆けつけてくれた友人の皆さんに手を振って挨拶する新郎新婦。

挙式後、厳島神社の前で皆さんと記念撮影。

祝宴は新緑に包まれた丘の上のカフェで和やかに

神前式は厳かに、パーティは楽しく過ごしたかった新婦は、式は綿帽子と白無垢に、パーティでは洋髪と色打掛で鮮やかな装いを選びました。
披露パーティ会場に選んだ丘の上のカフェは、新緑のもみじが綺麗で、景色を写真に残してくださるゲストも多かったそう。
会費制で開催したので、出席いただいた方々のお土産になるよう、お酒ではなくもみじ饅頭での鏡開きをしたほか、プレゼントを用意して欲しいものに投票してもらうゲームなどを行って盛り上がることができました。

神前式は厳かに、パーティは楽しく過ごしたかった新婦は、式は綿帽子と白無垢に、パーティでは洋髪と色打掛で鮮やかな装いを選びました。
披露パーティ会場に選んだ丘の上のカフェは、新緑のもみじが綺麗で、景色を写真に残してくださるゲストも多かったそう。
会費制で開催したので、出席いただいた方々のお土産になるよう、お酒ではなくもみじ饅頭での鏡開きをしたほか、プレゼントを用意して欲しいものに投票してもらうゲームなどを行って盛り上がることができました。

披露パーティの会場は、厳島神社の五重塔を望む緑溢れるカフェ。

披露パーティでは、洋髪・色打掛にチェンジして。

ナチュラルな装花でカフェの雰囲気を活かしたコーディネート。

カフェのテラスで鏡開き。開いた樽の中からは宮島のご当地銘菓「もみじ饅頭」が。ゲストへのプチギフトとしてお持ち帰りいただきました。

カップルデータ

新郎. Yさん / 新婦. Mさん

結婚式.2018年5月26日

その他の先輩カップルレポート

母の願いを叶えた自宅からの幸せなお嫁入り

母の願いを叶えた自宅からの幸せなお嫁入り

出雲生まれの花嫁が選んだ出雲大社へ出立ちの儀式

出雲生まれの花嫁が選んだ出雲大社へ出立ちの儀式

神々に見守られて夫婦になる 縁起の良い出雲「神在月」挙式

神々に見守られて夫婦になる 縁起の良い出雲「神在月」挙式

クリップリストに追加しました!

「クリップ」から確認することができます。

クリップリストから削除しました