両家の親族と親睦を深めた
温かみに満ちた和婚式

高校時代のバイトで出会い、7年後に再会したのをきっかけに交際をスタートしたという明久さんと千佳さん。
1年5か月の交際を経てプロポーズ、それから1年後の2019年3月に京都・吉田神社での神前結婚式を、京鐘「京都想い出結婚式」のサポートで叶えました。

挙式後には、京都らしい庭園が素敵な「ひらまつ高台寺 十牛庵」で両家親族で会食をして親睦を深めました。

「日本ならではの伝統を感じられ、派手すぎない温かみのある式だった」とご家族からも好評だったそうです。

高校時代のバイトで出会い、7年後に再会したのをきっかけに交際をスタートしたという明久さんと千佳さん。
1年5か月の交際を経てプロポーズ、それから1年後の2019年3月に京都・吉田神社での神前結婚式を、京鐘「京都想い出結婚式」のサポートで叶えました。
挙式後には、京都らしい庭園が素敵な「ひらまつ高台寺 十牛庵」で両家親族で会食をして親睦を深めました。
「日本ならではの伝統を感じられ、派手すぎない温かみのある式だった」とご家族からも好評だったそうです。

挙式/吉田神社
平安京の守護神として創建
千年以上の歴史を刻む神社

京都の北東に位置する吉田山に創建された「吉田神社」は、鮮やかな朱色の社殿が印象的な格式高い社。
本殿には夫婦神の御祭神も祀られて、良縁・夫婦和合の神として特別の信仰をあつめています。
ふたりがこの神社を選んだ理由は、京都の神社の中でも比較的に観光客が多くなく、
静かで落ち着いたプライベート感のある雰囲気が気に入ったそう。

京都の北東に位置する吉田山に創建された「吉田神社」は、鮮やかな朱色の社殿が印象的な格式高い社。
本殿には夫婦神の御祭神も祀られて、良縁・夫婦和合の神として特別の信仰をあつめています。
ふたりがこの神社を選んだ理由は、京都の神社の中でも比較的に観光客が多くなく、
静かで落ち着いたプライベート感のある雰囲気が気に入ったそう。

新婦のご友人も着物姿でお祝いに駆けつけてくださいました。

吉田神社内の支度室で花嫁支度

新郎新婦の着付け・ヘアメイクは、吉田神社内の支度室で、京鐘の美容スタッフが行いました。

新婦は憧れの白無垢姿に。ヘアは洋髪でまとめて、綿帽子で。
新郎の紋服は、新郎家の家紋が入った三世代前から伝わる歴史ある紋付羽織姿で挙式に臨みました。

新郎新婦の着付け・ヘアメイクは、吉田神社内の支度室で、京鐘の美容スタッフが行いました。
新婦は憧れの白無垢姿に。ヘアは洋髪でまとめて、綿帽子で。
新郎の紋服は、新郎家の家紋が入った三世代前から伝わる歴史ある紋付羽織姿で挙式に臨みました。

新郎新婦、それぞれ別々に支度をして、整ったところで「ファーストミート」ではじめてのご対面!

新郎新婦、それぞれ別々に支度をして、整ったところで「ファーストミート」ではじめてのご対面!

新郎がそっと近づいて、新婦の肩をトントン。

「結婚式当日まで写真含め、白無垢を見ていなかったワクワクなど、ファーストミートで体験したいと思いました」という新郎。

花嫁支度の仕上げには、お母様から紅を入れていただく「紅差しの儀」

親族の控室で挙式までの時間を家族と過ごしました。

改めて、両家ご対面での親族紹介を行いました。

吉田神社の本殿で神前結婚式

親族紹介を終えていよいよ神前挙式へ。
神職を先頭に、新郎新婦、家族の順番で境内を参進し、挙式を執り行う本殿へと向かいます。

親族紹介を終えていよいよ神前挙式へ。
神職を先頭に、新郎新婦、家族の順番で境内を参進し、挙式を執り行う本殿へと向かいます。

朱色の社殿が色鮮やかな吉田神社の本宮。祀られている御祭神の二柱は夫婦神で、古くから良縁・夫婦和合の神様として特別の信仰をされている神社です。

楽人により奏でられる厳かな雅楽の調べが杜に響き渡ります。

神杯で御神酒を酌み交わし、夫婦の契りを結ぶ「三献の儀」。

新郎新婦で神さまの前で誓詞を読み上げます。

玉串拝礼。神前に進み玉串をお供えした後、二拝・二拍手・一礼の作法で拝礼。

指輪の交換。結婚指輪の内側には2人の直筆のメッセージが刻み込まれている特別なリングだそうです。

親族杯の儀。新郎新婦の門出と両家の繁栄を祈り、親族一同で御神酒を酌み交わします。

神社境内で記念撮影

挙式後、両家親族で記念撮影。

新婦が纏った白無垢は、縁起の良い鶴の刺繍が気に入って選んだそう。
境内で京鐘のヘアメイクさんから綿帽子を外してもらい、記念撮影。
髪型はシンプルなシニヨンで、大ぶりの胡蝶蘭を飾って打掛とのバランスをとりました。

新婦が纏った白無垢は、縁起の良い鶴の刺繍が気に入って選んだそう。
境内で京鐘のヘアメイクさんから綿帽子を外してもらい、記念撮影。
髪型はシンプルなシニヨンで、大ぶりの胡蝶蘭を飾って打掛とのバランスをとりました。

京都の神社の中では観光客で混み合うことも少ない神社。静かで落ち着いた雰囲気の中でフォトシューティングを楽しみました。

披露宴/ひらまつ高台寺 十牛庵

京都らしい歴史を感じる数寄屋造りの料亭で
両家親族の絆も深まる和やかな宴

吉田神社からブライダルカーに乗って披露宴の会場へ移動。
会場となった「十牛庵(じゅうぎゅうあん)」は、京都の旬を感じる伝統的な京料理が味わえる料亭。
約百年の時を刻む数寄屋造りの館と、四季折々の景観が美しい庭園があり、ゲストに京都らしさを楽しんでもらいたいというカップルから人気の会場です。

吉田神社からブライダルカーに乗って披露宴の会場へ移動。
会場となった「十牛庵(じゅうぎゅうあん)」は、京都の旬を感じる伝統的な京料理が味わえる料亭。
約百年の時を刻む数寄屋造りの館と、四季折々の景観が美しい庭園があり、ゲストに京都らしさを楽しんでもらいたいというカップルから人気の会場です。

古都に溶け込む緑豊かな佇まいが魅力的

披露宴では、新婦は色打掛に掛け替えての入場。
能装束にも使用される総唐織の見事な打掛は、華やぎと重厚感が素敵です。

披露宴では、新婦は色打掛に掛け替えての入場。
能装束にも使用される総唐織の見事な打掛は、華やぎと重厚感が素敵です。

拍手に迎えられて新郎新婦の入場。

ふたりから親族の皆様へあらためて感謝のご挨拶

総刺繍の赤の色打掛に合わせてヘアスタイルもチェンジ。
「前髪はおろして、可愛らしい雰囲気にスタイリングしてもらいました」(新婦)

登場した「鯛の塩釜焼き」。
新郎新婦が木槌で塩釜開き!

登場した「鯛の塩釜焼き」。
新郎新婦が木槌で塩釜開き!

塩釜焼きの鯛は、後ほど「鯛めし」にして振る舞われます。

日本酒で乾杯するのは京都ではお約束!

新郎の親戚からはビデオメッセージのプレゼント。
たくさんの方々からふたりのためにメッセージを贈っていただけたことに、思わず感激の涙。

交際中やプロポーズの想い出写真の写真立てと、新婦手作りの絵を飾りました。

ふたりで開いた塩釜焼きの鯛を入れて炊き上げた、お待ちかねの「鯛めし」をゲスト皆で堪能しました。

中座タイムを利用して十牛庵のお庭で写真撮影。季節を感じる庭園の風景は和装の撮影にピッタリ。

祝宴の締めは花嫁からお手紙の朗読。
お母様には花束を、お父様にはブートニアを贈呈しました。

祝宴の締めは花嫁からお手紙の朗読。
お母様には花束を、お父様にはブートニアを贈呈しました。

ご両親へ、これまでの感謝の気持ちを手紙にしたためて。

花束と記念品の贈呈

お父様にはブートニアを。

ふたりからのメッセージ

「京鐘の『想い出結婚式』のプランナーさん、スタッフの皆さんには、慣れない和婚をとても丁寧にサポートしてもらい、感謝しています。メイクや髪型なども、似合うものを提案していただきありがとうございました」(明久・千佳)

「京鐘の『想い出結婚式』のプランナーさん、スタッフの皆さんには、慣れない和婚をとても丁寧にサポートしてもらい、感謝しています。メイクや髪型なども、似合うものを提案していただきありがとうございました」(明久・千佳)
カップルデータ

新郎. 白石 明久さん / 新婦. 千佳さん

結婚式.2019年3月2日

挙式会場.吉田神社 / その他. 京鐘 京都本店(衣裳店)

その他の先輩カップルレポート

新郎の実家のお寺で 縁の大切さを胸に刻んだ仏前式

新郎の実家のお寺で 縁の大切さを胸に刻んだ仏前式

クリップリストに追加しました!

「クリップ」から確認することができます。

クリップリストから削除しました