世界遺産での挙式・わくわくが詰まったオリジナル披露宴
夢のようなウエディングストーリー

小さな頃から家族との思い出がたくさんある神社「厳島神社」で結婚式を挙げたいという夢を叶えたふたりの一日をご紹介。

※(「厳島(いつくしま)神社」の正式表記は「嚴島神社」。本記事においては「厳島神社」と表記)

大学の食堂で出会ったことがきっかけでお付き合いが始まったふたり。交際のきっかけとなった公園でのプロポーズ。結婚式は交際記念日に開催したいと、「式場を予約する際、その日を狙って必死に電話をしました。無事に予約できた時の安心と嬉しさは忘れられません」と語る新婦。

宮島の旅館で過ごす前夜~当日のお支度

結婚式前夜は、厳島神社から徒歩5分の場所にあり、宮島の山側、高台にある絶景旅館「菊乃家」に両家家族で宿泊。夕飯はそれぞれの家族で過ごし、結婚前最後の時間をかみしめるひとときに。

結婚式前夜は、厳島神社から徒歩5分の場所にあり、宮島の山側、高台にある絶景旅館「菊乃家」に両家家族で宿泊。夕飯はそれぞれの家族で過ごし、結婚前最後の時間をかみしめるひとときに。

当日は6:50からお支度開始というスケジュールも、旅館内で支度ができ、慌てることなく皆勢揃い。

人力車にて宿を出発。続いて親族も一緒に神社に移動。

海に浮かぶ鳥居を背景に。厳島神社挙式をする新郎新婦の人気のフォトスポット。

厳島神社での挙式

6月の梅雨時ということもあり、1週間ほど前から結婚式当日は雨の予報。天気予報とにらめっこの日々が続き、前々日も降水確率90%。しかし、当日を迎えると、雨は止み、むしろ晴れ間が見えるほどに。「神様も祝ってくれていると本当に思えました。あの奇跡は忘れられません」。
神社の回廊で写真撮影の後、朝坐屋(あさざや)という建物にて親族紹介、挙式の打ち合わせが行われました。ふたりの緊張もピークに。

6月の梅雨時ということもあり、1週間ほど前から結婚式当日は雨の予報。天気予報とにらめっこの日々が続き、前々日も降水確率90%。しかし、当日を迎えると、雨は止み、むしろ晴れ間が見えるほどに。「神様も祝ってくれていると本当に思えました。あの奇跡は忘れられません」。
神社の回廊で写真撮影の後、朝坐屋(あさざや)という建物にて親族紹介、挙式の打ち合わせが行われました。ふたりの緊張もピークに。

新婦の白無垢は、凜としたイメージの中に花車の柄が愛らしさが印象的。伝統的衣裳の中に、現代的な雰囲気を残せるよう、ヘアスタイルを洋髪にし、伊達衿をベージュ色にアレンジ。

観光客の賑わいの声が遥か遠くにあるかのような厳格な雰囲気が漂う本殿にて、静かに挙式が執り行われました。
「大神様の前で誓いの言葉をいう時は緊張しましたが、その雰囲気から夫婦になることを改めて実感しました。そして、これから夫として支えていかなければならないという断固たる決意をすることができたように思います」と語る新郎。

観光客の賑わいの声が遥か遠くにあるかのような厳格な雰囲気が漂う本殿にて、静かに挙式が執り行われました。
「大神様の前で誓いの言葉をいう時は緊張しましたが、その雰囲気から夫婦になることを改めて実感しました。そして、これから夫として支えていかなければならないという断固たる決意をすることができたように思います」と語る新郎。

挙式中、回廊にて見学をしていた友人も集まり記念撮影に。緊張の挙式を終え、多くの友人の笑顔にほっと胸をなでおろすふたり。

挙式中、回廊にて見学をしていた友人も集まり記念撮影に。緊張の挙式を終え、多くの友人の笑顔にほっと胸をなでおろすふたり。

テントでのオリジナルパーティ

神社からマイクロバスで、島内にある包ヶ浦自然公園に移動。そこには、ふたりの披露宴のためのテントが出現!
たいへん珍しいスタイルのパーティにゲストの期待も最高潮に。

神社からマイクロバスで、島内にある包ヶ浦自然公園に移動。そこには、ふたりの披露宴のためのテントが出現!
たいへん珍しいスタイルのパーティにゲストの期待も最高潮に。

ふたりの結婚式のプランニングをしてくれた「和プロデュース」に相談に行った際、写真を見て「これだ!」とテントでのパーティを決めたのだそう。
「結婚式の前日、プランナーの三宅さんと荷物を運ぶため、車でテントへと向かう道中、鹿の大群に車を囲まれるという恐怖体験に遭遇。鹿さんがお祝いに来てくれたのかも?!・・・今となっては忘れられない思い出となりました」と笑顔で語る新婦。

松と梅で埋められたデザインの色打掛は新婦の一目惚れ。衣装に合わせ、髪飾りをドライフラワーに。「がっちりとした袴とゆるーいテントという、これから先一生見ることはないであろうコラボレーション。和と洋の織り成す不思議な空間を演出したく、式で使用した袴でそのまま披露宴を始めました。披露宴から参加のゲストからすると、違和感ありそうだなと思っていましたが、とても好評でした」と、シンプルな袴がお似合いの新郎。

新婦の幼馴染による友人代表スピーチ。涙ながらに思いを伝える姿に、「これからもずっと友達でいたい。そしてこれからも友達を大切にして生きていこう」と深く感動したという新婦。

新婦の幼馴染による友人代表スピーチ。涙ながらに思いを伝える姿に、「これからもずっと友達でいたい。そしてこれからも友達を大切にして生きていこう」と深く感動したという新婦。

お色直しのため中座する際、新郎のエスコート役に、新郎の祖母をサプライズ指名。「結婚するまで、ずっと一緒に暮らし世話を焼いてくれた祖母。そんな祖母に『結婚おめでとう。あなたがいなくなって、少し寂しくなりました。これからも元気でやってくださいね。』と言われた時は、涙がこぼれそうでした。優しい祖母の小さな本音と温かい応援を私は忘れることがないと思います。」と新郎。

お色直しのため中座する際、新郎のエスコート役に、新郎の祖母をサプライズ指名。「結婚するまで、ずっと一緒に暮らし世話を焼いてくれた祖母。そんな祖母に『結婚おめでとう。あなたがいなくなって、少し寂しくなりました。これからも元気でやってくださいね。』と言われた時は、涙がこぼれそうでした。優しい祖母の小さな本音と温かい応援を私は忘れることがないと思います。」と新郎。

お色直しの入場は、1輪ずつのバラを持ったゲストが、それぞれ新郎にバラを渡し、新郎はその12本のバラを束ね、新婦に贈る「ダーズンローズ」という演出で、会場が一体に。

お色直しの入場は、1輪ずつのバラを持ったゲストが、それぞれ新郎にバラを渡し、新郎はその12本のバラを束ね、新婦に贈る「ダーズンローズ」という演出で、会場が一体に。

ハンドメイドとは思えないほどの美しいインド刺繍のウエディングドレス。あえて髪飾りは何も付けず、大きなイヤリングでシンプルに。
新郎は、遊び心を少し入れたカジュアルな雰囲気に。ネクタイは新婦が選んだ贈り物で、今も大切に使っているそう。

披露宴の結びは、両親へ記念品の贈呈。花束と新郎、新婦それぞれが生まれた年のワインを選んだ。

結婚式を振り返って・・・

「一生の思い出に残る結婚式になりました!式と披露宴のギャップがとても印象的だったという声も多くいただきました」と口を揃えるふたり。
世界遺産の神社で行った緊張の挙式と、テントでのカジュアルなパーティというとても珍しいスタイルは、ゲストからも大好評。

結婚式の準備には多くの人が関わり、そして、80名のゲストが参加したふたりの結婚式。支えてくれている全ての人の温もりに触れ、絆を深める貴重な1日に。「私たちの挙式に携わってくださったすべての関係者の方々には、感謝の気持ちを伝えても伝えきれないほどです」

「一生の思い出に残る結婚式になりました!式と披露宴のギャップがとても印象的だったという声も多くいただきました」と口を揃えるふたり。
世界遺産の神社で行った緊張の挙式と、テントでのカジュアルなパーティというとても珍しいスタイルは、ゲストからも大好評。
結婚式の準備には多くの人が関わり、そして、80名のゲストが参加したふたりの結婚式。支えてくれている全ての人の温もりに触れ、絆を深める貴重な1日に。「私たちの挙式に携わってくださったすべての関係者の方々には、感謝の気持ちを伝えても伝えきれないほどです」
カップルデータ

新郎. 池尾 裕貴さん / 新婦. 佳歩さん

結婚式.2019年6月30日

その他. 和produce(プロデュース会社)

その他の先輩カップルレポート

北野天満宮の神紋衣裳を纏い格調高く叶えた和の結婚式(京鐘・想い出結婚式・北野天満宮・近又)
北野天満宮

北野天満宮の神紋衣裳を纏い格調高く叶えた和の結婚式(京鐘・想い出結婚式・北野天満宮・近又)

クリップリストに追加しました!

「クリップ」から確認することができます。

クリップリストから削除しました