庭園内の神殿で厳粛な神前挙式
披露パーティはXmasをテーマに

都内とは思えない豊かな自然と庭園内神殿に惹かれて決めた「ホテル椿山荘東京」でのウエディング。
結婚式を待ちわびてくれたゲストが安心して参加できるように万全のコロナ対策を準備して出迎えました。
東京まで来られなかったゲストもリアルタイムで参加できる「リモート併用型」にしたのもこだわり。
「大人のクリスマス」を世界観に、ゲストと歓談の時間を満喫する和やかな祝宴を叶えることができました。

都内とは思えない豊かな自然と庭園内神殿に惹かれて決めた「ホテル椿山荘東京」でのウエディング。
結婚式を待ちわびてくれたゲストが安心して参加できるように万全のコロナ対策を準備して出迎えました。
東京まで来られなかったゲストもリアルタイムで参加できる「リモート併用型」にしたのもこだわり。
「大人のクリスマス」を世界観に、ゲストと歓談の時間を満喫する和やかな祝宴を叶えることができました。

花嫁の引き振袖は、お祖母様とお母様も袖を通した3世代の花嫁衣裳です。お母様から仕上げの紅を差していただく「紅差しの儀」で花嫁支度が完成。憧れの文金高島田に角隠し・かんざしの正統派スタイルで。

親子3代で受け継いだ花嫁衣装をまとい
庭園内の独立型神殿で厳かな神前式

新郎は紋付袴姿。引き振袖をまとった花嫁とファーストミートでご対面。

ホテル椿山荘東京の代名詞ともなっている見事な庭園。鮮やかに染まった紅葉と、話題の雲海を背景に撮影タイム。

椿をデザインしたホテル椿山荘東京オリジナルのリングピロー。

雅やかな雅楽の生演奏と巫女に先導され、新郎新婦が入場です。

神様への奉納として雅楽三管の調べの中、巫女が神楽を舞う華やぎの儀式。神前挙式での巫女の舞を初めて見たと感激するゲストも多数でした。

新郎新婦が夫婦となる誓いのことばを読み上げる「誓詞奏上」。

厳粛な雰囲気の中、大中小の3つの盃で、新郎新婦がお神酒を飲み交わす「三献の儀」。

陽光が差し込む大きな窓が開かれた神殿は、美しい庭園の紅葉を望むことができます。

夫婦の多幸を祈念して玉串を神前に捧げる「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」の儀。

神殿はゲスト全員がゆったり参列できる広さで、窓から望む庭園の景色や、神殿内の雰囲気がとても素敵だったと好評だったそう。

結婚式の後は庭園で親族との撮影タイムも設けることができました。

Xmasをテーマに演出した
会話と料理を満喫できる披露宴

ゲストへの感謝の気持ちを胸に準備した披露宴は、「こんなご時世だからこそ、心ときめくクリスマスの雰囲気を満喫してほしい」と、料理や装飾にこだわって。
また、安心して歓談を楽しんでいただけるように、各席にはクリスマスオーナメント型のマウスシールドや除菌グッズなどの「感染防止セット」を用意。
リモート参加もできるようにしたことで、スクリーン越しに会場と遠方のゲストが同じ時間を共有できたので、ゲスト同士の絆も深まる温かな祝宴を実現することができました。

ゲストへの感謝の気持ちを胸に準備した披露宴は、「こんなご時世だからこそ、心ときめくクリスマスの雰囲気を満喫してほしい」と、料理や装飾にこだわって。
また、安心して歓談を楽しんでいただけるように、各席にはクリスマスオーナメント型のマウスシールドや除菌グッズなどの「感染防止セット」を用意。
リモート参加もできるようにしたことで、スクリーン越しに会場と遠方のゲストが同じ時間を共有できたので、ゲスト同士の絆も深まる温かな祝宴を実現することができました。

ウェルカムスペースに付箋とスケッチブックを用意し、「2020年楽しかったこと」「オススメの新婚旅行先」の2つのテーマで、それぞれゲストの方に書いていただきました。

「これまでありがとう!」の気持ちを込めて、ゲストとの思い出の写真をたくさん載せたプロフィールブックを制作。披露宴が始まるまでの時間、みなさんの話題になっていたそう。

披露宴ではウエディングドレスにチェンジ。ドレスでもファーストミートを行い、ホテル館内のフォトジェニックなスポットで撮影を楽しみました。

クリスマスの雰囲気に彩られたホテル内をゲストが待つ披露パーティ会場へ。

おもてなしの料理は、写真映えする9品ワンプレートの前菜や、伝統の逸品「米茄子の鴫炊
き」の入ったコースを選びました。

シェアする生ケーキではなく、憧れだった背の高いウエディングケーキにクリスマスらしい赤いバラで飾って華やかに。会場に入るゲストを豪華な雰囲気で出迎えることができました。

お色直しの中座では、新婦の妹に手を引かれて退場。

カラードレスは、ファーストダンスを披露するためにトレーンが長すぎず、また、テーマの「クリスマス」にちなんだ赤いドレス一択で選びました。

お色直し入場で披露したファーストダンスのサプライズ演出。この日のためにスタジオに通って練習したふたりの息はピッタリ。最後のリフトも見事に決まって、拍手喝采を浴びました。

コロナ禍で東京に来られなかった新郎両親や友人ゲストはリモートで会場のスクリーンに。会場にいるゲストだけではなく、スクリーンに映っているゲストもまるで同じ会場にいるかのように祝っていただけたことがうれしかったというふたり。

ウエディングシューズは新郎からの誕生日プレゼント。「シンデレラになった気分でした」という新婦。

千灯の光でライトアップされた紅葉や三重塔、そして幻想的に浮かび上がる雲海などを背景に、ずっと憧れていたウエディングドレス姿を記念に残すことができました。

カップルデータ

新郎. Rさん / 新婦. Aさん

結婚式.2020年12月12日

ホテル椿山荘東京

その他の先輩カップルレポート

元ウエディングプランナー&料理人 ふたりが選んだおもてなしの場所
つきじ治作

元ウエディングプランナー&料理人 ふたりが選んだおもてなしの場所

クリップリストに追加しました!

「クリップ」から確認することができます。

クリップリストから削除しました