日本文化の素晴らしさを再認識した
神社での結婚式

神田が地元の新郎家。神田祭など昔から縁も深く、広い境内や総朱塗の美しい社殿、創建1300年の歴史を魅力に感じた「神田明神」を挙式の舞台にしました。

神田が地元の新郎家。神田祭など昔から縁も深く、広い境内や総朱塗の美しい社殿、創建1300年の歴史を魅力に感じた「神田明神」を挙式の舞台にしました。

挙式の前に、明神会館の控え室にて、丁寧に挙式の説明とリハーサルが行われる。

花嫁支度を整え、挙式のリハーサルを行い、明神会館内の写真室で記念写真撮影。控室にて両家親族紹介を行い、和やかに挙式までの時間を過ごしました。

花嫁支度を整え、挙式のリハーサルを行い、明神会館内の写真室で記念写真撮影。控室にて両家親族紹介を行い、和やかに挙式までの時間を過ごしました。

挙式を行う本殿までの参進を、色とりどりの装束をまとった神職と巫女が導く。空に響き渡る雅楽の音色は、日本らしい素晴らしい響き。

地毛で結った日本髪に枝垂桜や鶴を施した白無垢をまとい、雅楽の演奏が流れるなか母に手を引かれ参道を進むと、「お嫁に行くんだな」という実感とともに身の引き締まる思いがしたという新婦。新郎の地元・神田の人たちや新婦の親戚も駆けつけてくれ、両家が参進する様子を見守ってくれたそう。

地毛で結った日本髪に枝垂桜や鶴を施した白無垢をまとい、雅楽の演奏が流れるなか母に手を引かれ参道を進むと、「お嫁に行くんだな」という実感とともに身の引き締まる思いがしたという新婦。新郎の地元・神田の人たちや新婦の親戚も駆けつけてくれ、両家が参進する様子を見守ってくれたそう。

多くの参拝者に見守られ、広い境内を本殿に向かって進む参進。総檜・入母屋造の随神門を背景にしたこの画角は、神田明神ならではのフォトジェニックな花嫁行列シーン。

壮麗な総朱塗りの社殿で執り行われた神前式。

ふたりの名前を白い小石に書き、御本殿の神域に奉納する「結び石の儀」は、神田明神だけの特別な儀式。

ふたりの名前を白い小石に書き、御本殿の神域に奉納する「結び石の儀」は、神田明神だけの特別な儀式。

広い境内には至る所に朱赤や金細工の意匠を施した撮影映えするスポットがあり、素敵な写真をたくさん残すことができる。

挙式後の境内で、挙式を見守ってくれた人たちと一緒に写真撮影を行うことができたのも良い思い出となったそうです。

挙式後の境内で、挙式を見守ってくれた人たちと一緒に写真撮影を行うことができたのも良い思い出となったそうです。

ウェルカムスペースに飾った和装での前撮り写真。

大正浪漫が薫る落ち着いた雰囲気の会場は、少人数での会食にぴったり。

唐織の色打掛、華やかな朱色と細かい柄がお気に入り。ヘアスタイルは洋髪に会場装花と同じ配色の小花を飾りコーディネート。

披露宴は、両家親族がリラックスした中、美味しい料理を堪能。「鯛の塩釜開き」は演出としても盛り上がり、美味しい鯛めしにもなり大好評だったそう。

披露宴は、両家親族がリラックスした中、美味しい料理を堪能。「鯛の塩釜開き」は演出としても盛り上がり、美味しい鯛めしにもなり大好評だったそう。

「普段慣れ親しんでいる「神社」「和装」ですが、結婚式の時にしか経験できない儀式と、この時にしか着ることができない着物(白無垢・色打掛)は、改めて日本人で良かったと思わせてくれました。神社は昔もこれからも変わらず同じ場所にあるので、初詣や人生の大切な節目に家族みんなでお参りに行くことが出来ることも良いなと感じます。そして、結婚式をして良かったことは、とにかく家族と家族のつながりを感じることが出来たことです」と、神社での結婚式を振り返り語ってくれました。

カップルデータ

新郎. Mさん / 新婦. Nさん

結婚式.2021年10月16日

神田明神/ 神田明神結婚式場 明神会館

その他の先輩カップルレポート

十二単の花嫁衣裳で叶えた 雅やかな雰囲気の神社結婚式
伊勢原大神宮

十二単の花嫁衣裳で叶えた 雅やかな雰囲気の神社結婚式

黄昏の境内に映える澄んだ白無垢 芝大神宮の「篝火挙式」
芝大神宮

黄昏の境内に映える澄んだ白無垢 芝大神宮の「篝火挙式」

地元の母や祖母に親孝行できた 「太宰府天満宮」での挙式&撮影
太宰府天満宮

地元の母や祖母に親孝行できた 「太宰府天満宮」での挙式&撮影

クリップリストに追加しました!

「クリップ」から確認することができます。

クリップリストから削除しました