松尾大社

松尾大社

まつのをたいしゃ

参列可能人数
40名(友人も参列可能)
挙式料金
全日 葵殿 5·8·10万円 拝殿 10万円 御本殿 30万円
松尾大社
鎮守の杜で日本古来の結婚式を

平安京が遷都されるはるか昔の太古の時代より、松尾山の山頂から都を見守り続けた松尾大社。春は桜に続いて山吹も咲き誇り、四季折々の風情が感じられる。飛鳥時代に建立された社殿で伝統と格式のある神前挙式が叶う。

特徴

松尾山の山頂から都を見守りる神様

平安京が遷都されるはるか昔の太古の時代より、松尾山の山頂から都を見守り続けた松尾大社。春は桜に続いて山吹も咲き誇り、四季折々の風情と祭事がおりなすこの場所は、今も昔もこれから先も洛西の人々の氏神様として変わることなく続いていく。

「正統への憧憬」

飛鳥時代に建立された社殿では、これまで多くの新郎新婦が、伝統と格式のある神前挙式を執り行い、永遠の契りを結んできた。その神前での儀式こそ伝統につちかわれた、最も格式のある婚礼である。

挙式料金
全日 葵殿 5·8·10万円 拝殿 10万円 御本殿 30万円

関連特集

東京で準備OK!
京都婚特集

松尾大社の基本情報

こだわりポイント
  • 参進がある
  • 巫女舞がある
  • 雅楽の生演奏
  • 平服で挙式ができる
  • 会食や披露宴ができる
  • ゲスト(友人など)も参列できる
  • 和装充実50着以上
  • フォトウエディング対応
挙式料金
全日 葵殿 5·8·10万円 拝殿 10万円 御本殿 30万円
挙式対応時間
10時~16時の間で1時間間隔
参列可能人数
40名(友人も参列可能)
衣装
併設の衣裳室・指定の衣裳店あり
美容・着付け
専属のスタッフがいる(敷地内で支度)
カメラマン
専属のスタッフがいる

式中の写真撮影は禁止
設備
新郎新婦の控室がある

列席者の控室がある

挙式する場所に冷暖房がある

敷地内に披露宴・会食会場が併設している
住所
〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3
アクセス
阪急電鉄嵐山線松尾大社駅より徒歩1分
駐車場
100台(無料)
創建
大宝元年:西暦701年
受付時間
平日・土曜9:00~16:00、日曜・祝日9:00~16:30
HP
http://www.matsunoo.or.jp/

挙式の手配・お問い合わせ先

※「日本の結婚式を見た」とお伝えいただくと、
ご案内がよりスムーズです。

結婚式のプロに無料で相談できます

特典キャンペーン中
クリップリストに追加しました!

「クリップ」から確認することができます。

クリップリストから削除しました