全国各地の素敵な和婚情報が結集!日本の結婚式オフィシャルサイト

記事を読む / 花嫁の和装&ヘアメイク

一流の着付け師が伝授する「大人の上質な神社婚」

2018/04/30

ますます人気の神社挙式、美しく叶えたいのは全ての花嫁に共通する願い。『日本の結婚式』ほか雑誌・広告撮影でも活躍する一流の着付け師でウエディングプランナーの杉山幸恵さんが手掛けてきた神社での結婚式には、さまざまなバリエーションがある。全てが「晴れの日の上質」というコンセプトで貫かれ、カメラマン、ヘアメイクなど熟練のスタッフが撮影現場を支える。最良の日の花嫁の輝きは、お気に入りの写真として一生の大切な宝物になっていく。たくさんの花嫁を見届けてきた杉山さんに、大人の花嫁が美しく輝く神社婚のヒントを教わってみよう。

 

都内の神社で叶える大人の美しい和婚

赤坂氷川神社

緑深いロケーションと朱塗りの本殿が魅力。白無垢・おかつらに綿帽子の王道スタイルが映える。
「お支度から神社でのアテンドまで弊社スタッフがサポートします」(杉山さん)。

 

芝大神宮

「都心・浜松町のアクセス便利な芝大神宮では、洋髪や結い上げを合わせてもすてきです」。

 

金王八幡宮

渋谷の総鎮守で、歴史に彩られた美しい朱色の社殿が印象的。豪華な打掛に角隠しを合わせて、
「壮麗で重厚感のある神社に負けない華やかさを演出しました」。

 

鳩森八幡神社

総欅造りの社殿が荘厳な雰囲気を醸す都心の神社。
「大人世代の花嫁こそ、白無垢に日本髪という伝統的なスタイルがよく似合いますよ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代々木八幡宮

(写真左)伝統的な花嫁衣裳に”今っぽさ”を添える赤がアクセントの白無垢コーディネート。
「控えめで上品なので、神社の雰囲気を壊すことなく自分らしさも表現できます」。
(写真右)アントワープブライダルからは徒歩3分の神社。悠久の歴史を感じる社殿には、
花嫁の透明感がより引き立つ白無垢・綿帽子の伝統的衣装がぴったり。 

 

 

花嫁スタイリスト・杉山幸恵が提案、お色直し最旬スタイル 

 アントワープブライダル に資料請求

 
皇室の御紋にも用いられる「九重菊」がモチーフの総刺繍アンティーク引き振袖は、打掛にも劣らない重厚感。
「装うことで、大切に育ててくれたご家族への気持ちを込めることができる。そんな一枚です」。

引き振袖「祝い九重(いわいここのえ)」

 

 


クラシックな会場では、同系色のゴールドの帯に赤や紺の小物を差し色として使うことで、
伝統の中にも新しさを感じるスタイルに」。

引き振袖「花爛漫」

  

 

 
鮮やかな橙色はアンティークならでは。「緑豊かな会場でのお色直しとして軽やかにお召しいただけます」。

色打掛「曙の松」

 

 

 
ANTWERP BRIDAL 着付け師・杉山幸恵さん
現代の和を提案する着付け師&ウエディングプランナー。著書に『着付け師という仕事』など。東京・広尾の
邸宅ウエディング『ラッセンブリ広尾』のプロデュースも手掛けるなど、和と洋を自在に行き来する独自のスタイルで活躍中。

 

 

取材協力:ANTWERP BRIDAL

 

初出『日本の結婚式』27号